< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセスカウンタ

2012年04月05日

ベストとボディアーマーについて

今回は『ベストとボディアーマーについて』です。



他国の特殊部隊と同じく、GIGNでは色々なベストやボディアーマーが使用されております。
GIGNのみならず、特殊部隊の装備は個人でバラつきもありますので、網羅することは非常に時間がかかり、またキリがないと思っております。
今回は代表的なものを中心に、順番にご紹介させて頂きます。





1.ベストとボディアーマーを併用するスタイル
1990年代以前から2000年代まで多く見られた、オールドスクールとも言えるスタイルです。
数は少なくなりつつありますが、2015年の『パリ同時多発テロ事件』でも、このスタイルは確認されております。

●ボディアーマー
いわゆる防弾チョッキでして、基本的にポーチ類は装着できません。

例によって分かり易いので、1/6フィギュアの画像で代用しております。
抗弾プレートが入るポケットが確認できますね。

基本的にはネックアーマー(スロートアーマー)やグローインアーマー(アーテリアルアーマー)を備えているか、それらが着脱できるものが多いようです。


後述しております「パルステープを備えたアーマーベスト」が多用されつつある最近ですが…

GIGNはもちろん、国家憲兵隊全体では まだまだ現役のスタイルです。

主な着用バリエーションを挙げますと…
・グローインアーマーがある/ない/収納できる
・グローインアーマーが丸い/角ばっている
・グローインアーマーにパルステープ(MOLLE)を備えている
・ショルダーアーマーを装着している/していない
・ネックアーマーを装着している/していない
…と、様々な種類とスタイルがあります。

こちらはショルダーアーマーの着用例です。

パッチも付けてありますね。

ガッチリした装備を組まれたい場合は、「とりあえず全部組んでみる!」というのも面白いかもしれません。

運搬時の荷物の量や収納スペースの問題等、色々と制約を受けることもありますので…ご留意頂ければと思います(^-^;)


●名称不明のベスト①
背中(背骨)部分にドローコードが存在するという、非常に珍しいデザインのベストです。

有名な『エールフランス8969便ハイジャック事件』をはじめ、1990年代の写真では非常に着用率が高いベストとなっております。

映画『フランス特殊部隊;GIGN(L' Assaut)』でも頻繁に登場しておりました。

以下は映画より抜粋です。


劇中では数種類のベストが登場しておりますが、7~8割の隊員は上記のベストを着用しております。

極少数にはなりましたものの、2000年代も健在でした。

一番右手前にいる隊員、車両の最後尾の隊員が着用しておりますね。

使用されているベストの正式な名称は不明ですが、酷似したベストは存在しております。
米軍装備をご存知の方にはお馴染みの、ABA(American Body Armor)社のベストですね。

しばしば『SEAL 2000』等という名称で呼ばれております。

ベスト自体は いわゆる「モジュラーベスト」で、パルステープ(MOLLE)ではなく、ベルクロでポーチを固定する方式だったようです。

また黒色の他にもOD色のものも存在しておりました。


●名称不明のベスト②
上記のベストと交代するかのように登場したタイプです。

ベストの形状は至ってシンプルですが、パルステープの縦幅が広いですね。
この「パルステープの縦幅が広いベスト」ですが、似たようなものとしては、随分と前にBLACKHAWK社も製造していたようです。
GIGNのみならず、オーストリア軍やノルウェー軍等でも見られますので、ヨーロッパにおける「何らかの規格の1つに倣っているのでは」と推測しております。

首回りを除けば、国内でもマックジャパン社のSWATシステムベスト等で代用したり、制作のベースにできるかもしれません。


●TAC系 ベスト
お馴染みの「TAC ベスト」と、そのスタイルに倣った様々なベスト類です。


両脇のドローコードでサイズ調整をするタイプの、一般的なタクティカルベストですね。

映画でも登場しております。

2015年でも現役で使用されておりましたので、非常に息の長いベストといえるでしょう。

こちらはGK-Pro社のタクティカルベストです。

GIGNのみならず、フランス国家憲兵隊・フランス国家警察の特殊部隊で しばしば使用されているようです。
GK-Pro社に限らず、フランスのショップでも色々なTAC系ベストを見ることができます。


●Mil-Tec社 タクティカルベスト
映画『フランス特殊部隊;GIGN(L' Assaut)』では、Mil-Tech社製のベストも確認されております。

左のマニューリンを持った隊員が着用しておりますね。

映画には実際のGIGN隊員の方々が協力しているため、使用されているのは間違いないと思われます。

ただ大々的には使用されておりませんので、個人で調達されたものではないでしょうか。





2.アーマーベストを着用するスタイル
アーマーベストという呼称は当ブログのカテゴリー分け用の名称ですので、恐らく正式な呼び方ではないと思われます。

アーマーベストの特徴として…
・タクティカルベストとは違い抗弾プレートやソフトアーマーが挿入できる
・ボディアーマー単体と違い、パルステープ等でポーチが直接取り付けることができる
…という点で分類しております。

米軍を例にさせて頂きますと、TAC-V1がタクティカルベスト、OTVがアーマーベスト、PACAがボディアーマー、という具合になります。

GIGNでは以下のようなアーマーベストが使用されております。

1つは先述のベストと同じく、パルステープの縦幅が広く、放出品やレプリカは ほとんど見られません。
もう1つは通常のパルステープ幅で、色もネイビーと非常に珍しいですが、形状自体は酷似した品が存在しております。

2000年代前後からは、アーマーベストとタクティカルベストの併用例が多く、GIGN以外でも使用例が沢山あります。


入手は困難を極めますものの、極々稀に放出されることもあるそうで、運が良ければ夢ではなくなるかもしれません。

アーマーベストは、パルステープの幅が太いものや、RMVに似たもの、CIRASに似たもの等、数多く使用されております。

しかし2015年以降はOD色のものも多数確認され、結構グチャグチャになってきております(-"-;)

こちらはPSIGやPI2Gで使用されているアーマーベストです。

国家警察の特殊部隊も似た形状のものを使用しておりますが…
国家憲兵隊の方は、ネイビーブルー色のベストを使用している割合が少し高いように思えます。

余談ですが、代用・実用の双方に適したアーマーベストも存在しております。

大きなスロートアーマーが特徴的で、実際に抗弾・防弾性能がありますが、とても高額になること間違いなしの代物です。





3.サバイバルゲームで使用するには
上記のベストやボディアーマーについて、サバイバルゲーム等で代用できそうな品々をまとめてみました。
ご参考にして頂ければ幸いです。

●PACA アーマー
とてもシンプルなボディアーマーです。

ベストとも併用しやすいアーマーで、レプリカも沢山あります。

●PT アーマー
こちらもシンプルなボディアーマーです。

後述のSEALベストと合わせて使用されていたもので、相性も良いです。

●Guarder社 "SEAL 2000"
上記の「名称不明のベスト①」を再現する場合に、最適なタクティカルベストです。

Guarder社のものはパルステープになっており、昨今のMOLLE系ポーチを取り付けることが可能です。

2012年以前は国内でも少数が出回っていたようですが、最近は見かけることがありません。

本来は米軍特殊部隊の装備ですので、そちらの方で人気なのではないでしょうか。

●TACタイプ ベスト(ドローコードタイプ/パルステープタイプ)
実物・レプリカ共に数多くありますので、個人で気に入られたものや、予算に合わせて代用されると良いでしょう。

使用例の多いドローコードタイプがオススメではありますが、こちらのパルステープタイプの方が安価です。

使用例や酷似している度合では、オールドスクールなスタイルがお好みの方はEagle社、最新寄りなスタイルがお好みの方はBlackhawk社がオススメかと思います。
フランスという部分に拘られる場合は、GK-Pro社も良いでしょう。

●Mil-Tec社のベスト
国内でもたまに販売されていまして、それ程高価でもありません。

形状が気に入った方は、探されてみてはいかがでしょうか。

●CIRAS
お馴染みのCIRASベストです。

レプリカも沢山ありますので、OD色を選択される場合でも お手軽なベストです。

●Matrix社 "MOLLE SDEU"
エアソフト用のアーマーベストです。

肩部分がGIGNで使用されているものに似ており、かつプロテクターも付属しているという、お手軽なベストです。
余談ですが、国家警察の特殊部隊を描いた映画『RAID Dingue』でも、衣装的な位置付けで使用されております。

●Pntac社 "Force Recon Marinetime"
Force Reconベストと呼ばれるベストは数多くありますが、こちらはPantac社のベストです。


プロテクターセットもラインナップされており、とても利便性が高いベストですが、個人輸入が主な入手方法となります。

●MSA Paraclete社 "RMV"
MSA Paraclete社のベストです。

GIGNのみならず、RAIDやBRIの装備でも代用可能なベストといえます。
レプリカのベストに比べると価格が少々高めですが、国内でも流通しているベストです。

●SDU
とてもガッシリとした印象のアーマーベストです。

サバイバルゲームで使用される場合は、汎用性が少し低いかもしれません。

●OTV
米軍装備でお馴染みのOTVです。

プロテクターとフルセットで販売されていることが多いので、ガッチリした装備を組まれたい場合は、良いベースになるかと思います。

IOTVもレプリカが確認されておりますが、こちらは国内であまり出回ることがありません。

OTVより更にガッチリしたイメージですね。





2015年以降、GIGNでは非常に多くのベスト・ボディアーマーが確認されるようになりましたので、代用には困らないかと思います。

実物のボディアーマーは、フルプレート状態ですと かなりの重量になります。
私自身は、ロシア軍の6B23-1を所有していた際、フルプレートで半日過ごしたことがありました。
翌日の肩こりが酷かったです(^-^;)

ですので、サバイバルゲームを前提とされる場合は、ヘルメットと同じくレプリカで十分かと思います。

ガッチリしたアーマーを組まれる際は、気付かずに「ゾンビ」になってしまう可能性もありますので、ゲーム中は普段より敏感になって頂ければ良いのではないかな、と思っております。





以上、『ベストとボディアーマーについて』でした。  

Posted by Lure at 16:12Comments(0)ベスト類