< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンタ
Flag Counter

2012年08月06日

ガスマスクについて

今回はGIGNで使用されているガスマスク・レスピレーターについてです。



ガスマスクは今や世界中の特殊部隊で使用されている備品の一つとなっております。
元々は第一次世界大戦での化学兵器に対する兵士の防護用品でありましたが、昨今は非殺傷ガスやNBC等、その役割も様々です。

対テロ部隊であるGIGNも色々なガスマスクを使用しております。
大まかではありますが、順番に見て参りましょう。


●Fernez社製 ガスマスク

上記の写真が例ですが、1980~90年代頃に着用が多く見られたガスマスクです。
Fernez社はフランスのメーカーで、民間向けのモデルもいくつか存在しております。

国家憲兵隊全体では今も相当な数が使用されており、GIGNで使用されている個体も様々のため、残念ながら細かい仕様までは調べ上げられておりません。


●MSA社製 ガスマスク

非常に有名なメーカー、MSA社のガスマスクです。

化学兵器や放射能下等、色々な状況を考慮している故に複数の型式が使用されているようです。



●AVON社製 SF10

SASでも使用されていた、もはや説明が必要無いといえる程 有名なレスピレーターです。

GIGNでも1990年代頃に使用されておりました。

SF10の詳細については、私より遥かに詳しい方が大勢いらっしゃるかと思いますので割愛させて頂きます。



●AVON社製 ガスマスク (画像はFM50です)

M50という名称をはじめ、米軍や各国の軍、特殊部隊で使用されているガスマスクです。
LE向けにはC50、FM50、FM53、FM54、HMK150等のモデルが存在しておりますが、その他にも数多くのバリエーションが確認できます。
モデルによってはNATO用として一括で運用されています。

GIGNでも2015年に起きた一連のテロ事件時に見られました。

余談ですが・・・
著名なFPSゲーム『Call of Duty;Modern Warfare 3』が2011年に発売されており、2016年という舞台設定でGIGNがAVON社のガスマスクを使用しているという、未来予想図が的中している面白さもあります。





●サバイバルゲームで使用するには
ガスマスクをサバイバルゲームで使用するには、レンズがBB弾の直撃に耐えられない種類もありますので、調べたうえで対策を考えなくてはなりません。

MSA社のガスマスクやAVON社のガスマスクは、以外とeBay等で普通に販売されております。
特にSF10等の有名な個体は、国内でも稀に流通するような存在となっております。

またサバイバルゲーム用の「ガスマスク・レスピレーター型フルフェイスマスク」では、AVON社のM50に酷似したモデルもあります。

恥ずかしながら、私自身はこのフルフェイスマスクしか所持しておりません。

実物の方は友人のS10レスピレーターを中心に、ゲーム中での運用を拝見しております。

ガスマスク型フルフェイスマスクは、個人差はあるかと思いますが、視界は広く感じられます。
フィルター部分がファンになっているモデルが大半で、蒸れや曇りを低減することもできます。
実物ではない分、普通に息ができますので、サバイバルゲームで激しく動く方には こちらの方が良いかもしれません。
質感やロマン要素は実物に敵いませんが、とても安価です。

実物は、基本的に視界は広いようですが、やはりモデルによってはレンズを取り換える必要があります。
またヘルメットやバラクラバと併用する場合、セーフティでの着脱が面倒らしく、外さない状態でいることも多かったです。
他にも蒸れたり、曇ったり、息苦しかったりと、ガスマスクなだけに中々面倒とのことでした。
実物は高価になってしまうこともありますが、それを補って余りあるロマンがあるのは確かなようです。

モデルによっては、どちらも「フィルターが干渉してサイティングできない」という問題があります。
その他に関しましては…実物もフルフェイスマスクも一長一短がある、という感じでしょうか。
やはり ご自身の好みで選んで頂くのが一番かと思います。





以上、GIGNの『ガスマスクについて』でした。

  

Posted by Lure at 14:00Comments(0)ヘッドギア

2012年04月09日

バラクラバとアイウェアについて

今回はバラクラバとアイウェアについてです。



GIGNはもちろん、各国の特殊部隊はバラクラバ(フェイスマスク)で顔を隠すことが一般的です。
一方で、バイザー付きヘルメットを多用していることもあり、ゴーグルやシューティンググラスは少数しか使用例がありません。

少しだけではありますが、順番にご紹介させて頂きたく思います。





1.バラクラバ
GIGNが使用しているバラクラバ…といっても、そんなに特別なものではありません。


バリエーションとしては…
・1ホール
・2ホール(目だけ)
・2ホール(両目と口)
・3ホール(目と口)
…等が挙げられます。

真っ黒だけでなく、ネイビーブルー色のものも確認できます。

国内でも様々なものが販売されており、本格的な難燃素材のものも見られます。

ご自身の好みや使いやすさに合わせて、選択して頂ければと思います(^-^)





2.ゴーグル
前述の通り、GIGNはバイザー付きヘルメットが多用されているため、ゴーグルの使用例が少なめです。
ですので、こちらではGIGNに加えて国家警察の特殊部隊(RAID、GIPN等)で使用例のあるゴーグルも、合わせてご紹介させて頂きます。

●Bolle社製 Commando

お馴染みのBolle社のゴーグルです。

1990年代~2000年代まで、それなりに使用例が見られました。

安価なものでは、G&P社の『ダストゴーグルタイプ』というゴーグルでも代用可能です。

米軍のダストゴーグルでは、実物でもBB弾の直撃に耐えられないものもありますので、購入される際はご注意頂ければと思います。


●Bolle社製 X-800
GIPNやRAIDで使用例のあるゴーグルです。


スマートなイメージのゴーグルです。


●OAKLEY社製 H2O
バンド部分のロゴが特徴的なゴーグルです。

こちらのモデルは「海上警備等で水面の反射から目を保護する」とのことで、サバイバルゲームでも眩しさが低減されるかと思います。


●OAKLEY社製 S.I.
ゴーグルとバンドの接続部分が特徴的なゴーグルです。

安価なレプリカも存在しており、とても入手と再現が簡単なゴーグルです。


●ESS社製 Striker Turbo Fan
お馴染みのESS社のゴーグルで、RAID等を中心に使用例が見られます。

ファン付きのため曇りにくく、レプリカ・実物問わず、サバイバルゲームでも よく使用されております。


●Smith Optics社製 Outside The Wire Turbo Fan
RAIDで極少数の使用例があるゴーグルです。

ちょっぴりSFチックなデザインのゴーグルですね。





3.シューティンググラス
ゴーグル以上に使用例が少ないこともあり、基本的にGIGN以外の使用例をご紹介させて頂いております。

●ESS社製 ICE
米軍や英軍でお馴染みの、ESS社のシューティンググラスです。

国家憲兵隊や国家警察の部隊で、極少数の使用例があるシューティンググラスです。


●Bolle社製 シューティンググラス
Bolle社のシューティンググラスです。

特別に使用例が見られるシューティンググラスではありませんが、安価でかつフランスのブランドということで、ピックアップしてみました。
フランスのエアソフターな方々でも、それなりに使用されているようです。





4.サバイバルゲームで使用するには
バラクラバは別として、ゴーグルとシューティンググラスは国家警察の特殊部隊での使用例が多く、バイザーの無いヘルメットとの併用例ばかりです。
しかしサバイバルゲームに参加される場合、バイザー付きヘルメットではフィールドのレギュレーションに違反してしまうこともあります。

海外のエアソフターな方々も、国によっては日本のそれより強力なエアソフトガンを使用されておりますので、しばしばアイプロテクションで悩む方がいらっしゃるようです。

シューティンググラスはゴーグルに比べて曇りにくく、バイザー付きヘルメットとの併用も容易ですし、さらに「バイザーの干渉によるサイティングの問題」も解決できますので、快適に使用できるようです。

こちらのリンクの海外のエアソフターさん(海軍コマンド装備)ですが、とてもクールな装備ですね(^-^)

ただシューティンググラスについては、フィールドによってはレギュレーションに違反してしまう場合があります。
特にCQBフィールドでは、ゴーグルもシューティンググラスも「鼻・口を含む顔面の保護ができていない限り」使用不可なことが大半です。

その場合は、『ガスマスクについて』の項でもご紹介させて頂いております、ガスマスク・レスピレーター型のフェイスマスクが良いかもしれません。

上記のフェイスマスクは雰囲気を崩さずに顔面を保護することができますが、「フィルターが干渉してサイティングができない」という欠点もあります。

残念ながら、アイウェアについては「どこかで妥協点を見出さなくてはならない」というのが現状です(-"-;)





以上、『バラクラバとアイウェアについて』でした。
  

Posted by Lure at 23:40Comments(2)ヘッドギア