< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ

2012年11月29日

映画『L'Ordre et la Morale』のGIGN装備

1988, Nouvelle-Calédonie

1988年、南太平洋、ニューカレドニア



映画『裏切りの戦場 葬られた誓い』こと『L'Ordre et la Morale(モラルと行動)』。
いつも邦題が微妙なことになっております、フランス映画です。

英語版は『Rebellion(リベリオン)』という題になっているようです。

この映画は1988年に実際に起きた『ウベア島事件』と、それに対する元GIGNの隊長の手記を元に制作されております。



制圧した無抵抗な過激派を暴行・殺害した事実を政府が隠匿したことで、フランスの歴史の汚点とも言われる1988年のウベア島虐殺事件を、「クリムゾン・リバー」「バビロンA.D.」のマチュー・カソビッツが自ら監督、製作、脚本、主演を務めて映画化。
1988年4月22日、フランス領ニューカレドニアのウベア島で起こったカナック族の独立運動に対し、政府は国家憲兵治安部隊(GIGN)のフィリップ・ルゴルジュ大尉を交渉役として派遣する。
ルゴルジュ大尉は平和的な解決策を模索するが、国内では対話路線と強硬派の意見が衝突。
やがてルゴルジュ大尉の尽力もむなしく、政府から攻撃命令が下る。


ハリウッドの様な過度な演出はありませんし、GIGNもお馴染みの対テロ装備ではありませんので、全く話題になりませんでしたが…

GIGN等の武器・装備品について、おおまかにご紹介させて頂きたく思います。



1.武器について

まずは映画に登場している武器から見て参りましょう。

1980年代ということもあり、いわゆる「タクティカル系」の武器は とても少ないです。

●マニューリンMR73
GIGNのシンボル的な存在、お馴染みのMR73です。



残念ながらトイガンは存在しておりません。

余談ですが、imfdbでは「S&Wと思われる名称不明のリボルバーも登場している」とありました。

こちらはGIGNとは あまり関連性がないかもしれません。

GIGNの使用しているリボルバーとしてはS&W M686が挙げられますが、ウベア島事件で実際に使用されていたのかは不明です。


●MAC-50
ややマイナーなフランス軍の拳銃です。

残念ながら、こちらもトイガンは存在しておりません。


●FA-MAS
お馴染みのFA-MASです。




映画では森林戦ということもあってか、珍しく撃ちまくられておりました。
2015年のパリ同時多発テロ事件でも確認されましたので、GIGNでも長い間 使用されている銃となります。
トイガンでは東京マルイ製の一択になります。


●SIG SG543
古めで珍しいライフルです。


GIGNではSG550系が使用されておりますので、それの前身といえる存在だったのではないでしょうか。
トイガンは存在しておりません。


●MP5
お馴染みのMP5です。



映画では古いモデルが登場しておりますが、SDモデルは いかにも「ジャングルでの特殊部隊の武器」といった感じです。
トイガンは数多く存在しております。


●MAT-49
GIGNも最初期に使用していたとされる、フランス軍の短機関銃です。

MP5の登場年代とGIGNの創設年代が若干被っていることもあり、短命だったようです。
残念ながら、現在 入手可能なトイガンはありません…


●ウィンチェスターM1300
ポンプアクション式のショットガンです。


映画ではMR73と合わせて使用されており、実に渋いチョイスとなっております。
しかしながら、現在 入手可能なトイガンはありません…





2.装備について

次に装備を見て参りましょう。

ウベア島は南太平洋の熱帯地域ですので、実際も軽装だったようです。
「夏もGIGNやフランス国家憲兵隊の装備をやりたい!」という方には、ピッタリかもしれません。


①服装
映画では空挺部隊用のジャンプスーツが多用されております。

フランス軍の放出品が出回っておりますので、入手は難しくないかと思いますが、サイズ選びは大変かもしれません。


②パッチ
年代的には、お馴染みの「オールドスクールなパッチ」となりますが、映画ではベルクロベースが確認できるのみでした。

GIGNだと判別できる要素は無くなってしまいますが、着用されなくても大丈夫かと思います。

なおEPGINは(上記の武器の写真の中でも)パッチの着用が見られます。


③ヘッドギア
映画では、フランス軍の『F2キャップ』や『リザードキャップ』等が使用されております。

バンダナやメッシュスカーフを巻く、というスタイルも良いかと思います。

身軽で動きやすく、頭も蒸れ難いでしょうから、ヘルメットより快適かもしれません。

なお国家憲兵隊の隊員が着用しているヘルメットは、『G1』と呼ばれるモデルかと思われます。

映画ではバイザーを外して着用されております。


④ベスト・ウェビング
映画ではボディアーマーの類が非常に少なく、どれも身軽で通気性の良い装備になっております。

1つめは、『L' Assaut』でもお馴染みの『名称不明のベスト』です。

厳密には『L' Assaut』のモデルよりも古いもののようですが、詳細は不明です。
代用品さえ希少となりつつある、入手が難しいベストです。

また上記の写真では、米軍の『ロードベアリングベスト』と似た形状のベストも使用されております。

2つめは、フランス軍のウェビング装備です。

映画でのGIGN装備のみならず、フランス軍装備としても活用しやすい装備かと思います。
こちらのウェビング装備は、国内外で『F1』や『FAMAS』等と呼ばれておりますが、これが正式名称なのかは不明です。

3つめは、フランス国家憲兵隊や国家警察でお馴染みの、LEらしいレザーベルトです。

ベルトをベースに、ホルスターやポーチが取り付けられております。
オールドスクールならではの装備で、稀に放出品も見られますが、程度が良いものは少なくなってきております。


⑤ブーツ

映画では少ししか映りませんので、あまり確証を得られておりませんが…
おそらくフランス軍の『2バックルブーツ』や『アンクルブーツ』等をはじめとした、軍用ブーツが着用されているのでは、と思います。





以上…
普段とは少し違うGIGN装備を簡単にご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか?

もし間違いや追加情報等のご指摘・ご意見が御座いましたら、お手数ではありますが是非ともお知らせ下さい。

  

Posted by Lure at 22:17Comments(0)◆GIGN と映画

2012年05月22日

映画『L' Assaut』のGIGN装備

― Lundi 26 Decembre 1994, Aeroport de Marignane. ―

― マルセイユ=マリニャーヌ空港 ―
― 1994年12月26日 17時15分 機内突入。―



 

映画『フランス特殊部隊GIGN』こと『L' Assaut』。
2010年に劇場公開され、世界各国でのGIGN知名度向上に繋がりました。



この映画は1994年に実際に起きた『エールフランス8969便 ハイジャック事件』を、ほぼノンフィクションで描いています。

ハイジャックしたのは、アルジェリアのイスラム武装集団GIA所属とされる4名です。
乗客220名とエールフランス乗務員12名が人質となり、うち3名が犯人に殺害されました。
フランス政府は交渉による事件解決を目指しましたが、その裏では既にGIGNが動き出しており、突入訓練を行っておりました。

ハイジャックから2日後の26日、世界中の人々が中継を通して見守る中、GIGNが機内に突入しました。

約20分にわたる激しい銃撃戦の末、無事に人質を解放し、犯人4名全員を射殺しました。
この銃撃戦で乗客・乗務員16名が負傷しましたが、いずれも軽傷でした。
一方GIGNは9名の負傷者を出し、1人は重傷を負われました。

この銃撃戦時のGIGNと乗客、犯人の動きについて、とても見やすく まとめられた動画をご紹介させて頂きます。



この事件が無事解決したことは、当時では非常に衝撃的なものだったとのことです。


映画では、この時機内にいた人々のみが知る機内での一連の銃撃戦を、短時間ではあるものの、ハリウッドのような過度な演出もなく、あくまでも“リアルに”描写されております。

GIGN隊員達の訓練の様子等も登場しており、実際のGIGN隊員達が実際の武器・装備品を身につけ、当時の作戦資料・証言を元にし、映画制作に携わっています



そんな映画『L' Assaut』でのGIGNについて、少しご紹介させてさせて頂きたく思います。
それでは見ていきましょう!



1.武器について

まず映画に登場している武器を見て参りましょう。

●マニューリンMR73
マニューリン MR73はGIGNのシンボル的な武器です。




当時実際に使用されたことで、一躍有名となりました。

リボルバーは装弾数が少ないものの、「接近戦では数発で決着がつく」という思想上では あまり関係がありません。
またGIGNでは「数発で決着をつける」という思想もあったようです。
年間数百万発もの弾を使って射撃訓練を行い、射撃の腕を叩き上げていることがよく分かります。
標的を仕留めることも大事ですが、人質がいる中では誤射にも注意しなくてはなりませんので、他の特殊部隊のように「ダブルタップ」を行うことも少ないとされます。

その他、MR73の高い命中精度や.357マグナム弾の高い威力、作動不良・排莢不良の少なさ等、当時「1ショット1キル」を求めていたGIGNには最適だったともいえます。
現在はオート拳銃が使用される方が 遥かに多いですが、未だにバックアップとして使用している隊員もいるとかいないとか…

映画では射撃訓練や突入前後と、終始登場しています。

現時点ではトイガンが存在しないため、サバイバルゲーム等で再現することはできません。
それでも「リボルバーを使用したい!」という方は、GIGNも使用しているS&W M686で代用されると良いでしょう(^^)


●SIG Sauer P228
シグことSIG SauerのP228です。


先日コメントを頂きました通り、アームズマガジンのGIGNの記事にも登場しておりました。
P228はP226と並んで使用率が高い銃でありましたが、現在はSP2022やGlockへ更新されつつあるようです。

映画では、MR73を撃ち尽くした隊員がショルダーからP228を抜き、応戦する姿が描かれています。

トイガンはタナカからガスブローバックガンが、東京マルイからエアコッキングガンが発売されております。
タナカのものはガス漏れが多いそうで、精度もイマイチですが、雰囲気や質感は抜群だそうです。
マルイのものは精度が非常に良好ですが、質感は劣ります。
季節に合わせて両方持つ…という贅沢な運用も良いでしょう(^^)


●Glock 17


グロック17は、P228やP226と並んで使用率の高い銃です。
映画では冒頭のシーンで登場していますが、飛行機内でのシーンでも登場しております。
ただP228が使用されているシーンの方が印象深いため、ちょっとばかり影が薄いかもしれません。

トイガンでは、様々なメーカーからガスブローバックガン、エアコッキングガンの両方が発売されています。
やはりKSC製や東京マルイ製が有力なのではないでしょうか。


●MP5
種類が多いため、各種見て参りたいと思います。

①K(Kurz、クルツ)モデル

冒頭のみに登場するモデルです。
実際のGIGNでは極少数のMP5Kが運用されておりましたが、現在はほとんど見られません。

②ノーマル モデル

作中で最もシンプルといえるMP5です。
ハンドガード下部にライトもしくはレーザーサイトが固定されているだけで、他は何もありません。

③ライトハンドガード モデル

いわゆるSurefireの「ライト付きハンドガード」が装備されているモデルです。
ハイマウントベースには、ドットサイトではなくレーザーサイトが装着されています。
詳細は不明ですが、作中ではレーザーサイトで索敵する様子が描かれておりますので、実際にそういった形で使用されていたものと思われます。

④RASモデル、レイルハンドガードモデル

RASを装着したMP5です。
右側にライトが付いておりますが、光学照準器は装着していないようです。

⑤不明なハンドガード モデル



GIGNで長らく使用されている、正体不明のハンドガードです。
ポスターのトップも飾っており、様々なGIGNの写真で使用例が見られますが…メーカー名も不明のままです。
レイルシステムに対応している訳でもなく、GIGN以外に使用例も見られません。

さてトイガンですが、MP5自体は色々なメーカーから販売されていますので、割愛させて頂きます。
初心社の方には、東京マルイ製の「MP5-J」がフランス仕様の「MP5-F」に近いため、オススメかと思います。

オプションとしては、ライト付きハンドガード、RAS、レイルハンドガード共に存在しています。
マウントはハイマウントを装着されると良いでしょう。
最も安価で済ませられるのは、やはり「ノーマルタイプ」かと思われます。
映画でGIGNに興味を持ち、少し古めのGIGN装備をやってみたい、という方にはオススメです(^-^)


●FR F1

FR F1は、第二次世界大戦時に使われていたMAS36小銃を狙撃用に改良したものです。
映画では狙撃班が使用しています。
コックピットの犯人を補足し、1発で無力化したシーンが印象的ですね。
GIGNの隊員は、全員が狙撃手を担当できることで有名となっております。

トイガンですが、残念ながら存在しておりません…


●モスバーグ M590
映画で少しだけ登場するショットガンです。

トイガンは海外製のものが存在していますが、精度はイマイチとのことです。





2.装備について

映画で使用されている装備品について、少しだけ見て参りましょう。

①服装
詳細は「服装」の項目でご紹介させて頂いておりますが、映画では専用のアサルトスーツを着用しております。
放出品は極めて数が少なく、サイズの問題もあり、加えて高価になりがちです。
今では民製品も見られるようになりましたが、個人輸入の手間等、相変わらず難しい状態です。

国内で安価に揃える場合は、ネイビーブルーのBDUやツナギで代用する他ありません。

映画では、飛行機内に突入するシーンにて革ベルトの着用が確認できるシーンがあります。

こちらの隊員は「上下分割型の服」もしくは「ベルトループ付きのアサルトスーツ」を着用しているようです。
前者は各国のSWAT等、後者はイギリス警察のアサルトスーツで使用例があります。


②パッチ
いわゆる新型の「GIGNのロゴ入りパッチ」はレプリカが存在しておりますが…
旧型と呼ばれる映画のものと同じパッチは、相変わらず個人輸入するしかない状態です。

eBayではレプリカが販売されており、公開当時よりも在庫や出品率が多めです。
こればかりは仕方ありませんので、根気よく探して参りましょう!


②ベスト
こちらも詳細は「ベスト」の項で触れてありますので、そちらもご覧頂ければと思います。

まず一番多く見られるのが「背中の中心にストラップがある」タイプ、米軍のSEALベストに酷似したベストです。


再度登場、冒頭のシーンです。
2つボタンの胸ポケット、背面のストラップがよく分かりますね。

こちらは いわゆる「TACベスト」と呼ばれるタイプです。

色々な特殊部隊で使用されている、有名なベストです。
両脇のサイズ調整はドローコード式となっております。

最後にMIL-TEC製・Arktis製のベストです。

一番左の隊員が着用しています。

ベスト類は上記までの画像にも見られますので、じっくり観察して見て下さい。

“背中の中心にストラップがある”ベストは、やはりSEAL 2000ベストが最も似ているかと思われます。
ただ国内では入手が難しいので、その他のベストをオススメ致します。
特にTACベストは他の装備品にも転用できますので、気軽にやりたい方には便利かと思います(^-^)



③ヘルメットとフェイスマスク
この2点は簡単に済まさせて頂きます。

ヘルメットは、お馴染みのレプリカで代用するしかないでしょう。

バイザー付きですので、安全面的にもオススメしたいと思います。

ヘルメットにつきましては実物が一番リアルですが、非常に高額です。
特に劇中のものは少し古いモデル(RBR製等)のため、とてもレアなアイテムとなっております。

フェイスマスクは、映画では1ホール(目だけ)と2ホール(両目)、3ホール(目と口)が使用されています。
色は黒のみ登場しておりまして、ネイビーブルーのものは見られません。
これは息のしやすさ、着用感等で個人差がありますので、任意で選ばれると良いでしょう。



④グローブとブーツ
グローブとブーツは、いわゆる『SWATタイプ』でOKです。

グローブについては、『グローブについて』の項を参考にして頂ければと思います。

ただ作中ではハーフフィンガータイプが多用されておりますので、フルフィンガータイプはオススメできません。

ブーツについては殆ど写らないため、非常に難しいです。

こちらも『ブーツについて』の項を参考に、それぞれ選んで頂ければと思います。



⑤小物類、その他
小物類とはいっても、モノは とても少なめです。

まずはホルスターですね。

映画では革製が多くみられますが、ナイロン製のものも少数が使用されているようです。

各隊員全員が装着しているわけではなく、作中では「ずっとマニューリンのみ」の勇士がいる程、武器を取り替えるシーンがありません。

同様に、ガスマスクバッグやレッグポーチ、ダンプポーチといった類いも、あまり装着されていません。
足回りが寂しいと感じられる方は、装着されても良いかと思います。


最後にナイトビジョンを見てみましょう。

冒頭のシーンで使用されているものです。
「なんでコイツだけ装備してんねん!」と、関西人なのでツッコミを入れたいところです。

コチラは実物の写真です。
何か出来損ないの悪キャラみたいになってますね(笑)
しかし米軍のものとは異なった形状で、とても興味深いと思います。





以上…
特別編ということで色々とご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか?

もし間違いや追加情報等のご指摘・ご意見が御座いましたら、お手数ではありますが是非ともお知らせ下さい。

  

Posted by Lure at 23:23Comments(4)◆GIGN と映画