< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ

2012年05月26日

GIGNの武器~スナイパーライフル編~

今回はスナイパーライフルをご紹介致します。
GIGNでは精密射撃能力を重視しているためか、非常に種類が豊富です。
それでは見て参りましょう。



●FR F1
(フランス語:FR F1、Fusil à Répétition modèle F1)



FR F1は、フランスの小銃であるMAS 56の狙撃用モデルで、1960年代に開発されました。
MASは「Manufacture d'Armes de Saint-Etienne Modèle」の略で、サン=テティエンヌ造兵廠製であることを指しております。

原型のMAS 36は1936年にフランス軍に採用されたものの、1940年のナチス・ドイツによる侵攻を受けた時には、まだ全部隊への配備ができておりませんでした。
第二次世界大戦後、フランスはアルジェリア戦争や第一次インドシナ戦争へ突入しますが、大量に使われたのはこの時のみと1なりました。
すでに新型であるMAS 49自動小銃も採用されていたため、1960年代には退役してしまいました。

そんなMAS 36の機関部に改良を施し、精密射撃向けとなったのがFR F1です。
MAS 36の精度は中々のものでしたが、FR F1は600~800mの距離でも、より優れた精度を誇っているそうです。

現在は後継のFR F2に置き換えられており、FR F1の生産自体は1980年代に終了しました。
最近でも使用されている確立はありますが、弾の互換性がないため、FR F2が主流だと思われます。

GIGNでは1970~2000年代初期まで使用されておりました。


映画でもお馴染みの銃ですね。

【トイガンについて】
現在は残念ながら存在しておりません。
ただ外観がそれほど複雑ではないため、海外ではAPS等のエアコッキングガンを改造されている方もいらっしゃいます。





●アキュラシー・インターナショナル・アークティック・ウォーフェア ライフル
(英語:Accuracy International Arctic Warfare、他)
(フランス語:Accuracy International AWP、他)
※呼び名が多いため、英語・フランス語読みに準じております。



アキュラシー・インターナショナル・アークティック・ウォーフェア ライフルは、イギリスのアキュラシー・インターナショナル社が1980年代に開発した狙撃銃です。
開発当初は全く別の名称でしたが、イギリス軍に採用されたものはL96A1として、スウェーデン軍に採用されたAW(アークティック・ウォーフェア)はPSG-90として、ドイツ連邦軍に採用されたAWM(アークティック・ウォーフェア・マグナム)はG22として...
現在では様々なバリエーション名、正式採用名で呼ばれているようです。

基本的な構造は一般的なボルトアクション式のライフルとほぼ同じですが、「フラットボトムアクション」と呼ばれるものを4つのボルトでフレームへ固定し、さらにエポキシ接着剤で接着するという、他にはあまり見られない手法で製造されています。
その他の特徴としては、プラスチック製のストレートストックや、ステンレス製のフローティングバレル、着脱式のマガジン等が挙げられます。

GIGNではAWPと呼ばれるモデルと、AWSが使用されています。
AWPはArctic Warfare Police、つまり警察等の法務執行機関向けのモデルとなります。
AWSはArctic Warfare Supressedといいまして、バレル内に消音器が内蔵されたモデルだそうです。

こちらはGIGNでの使用例です。



GIGNのスナイパーは、他国の迷彩衣料を用いることが非常に多いです。
フレックターンやDPMが最も多く見られますが、その他の迷彩パターンが使用されていることもあります。

【トイガンについて】
東京マルイを筆頭に様々なメーカーから発売されていますので、割愛させて頂きます。
精度面では東京マルイ、マルゼン等がオススメですね。
塗装や布地を用いたカモフラージュ等、カスタムで個性が出て楽しいのではないでしょうか。





●バレット M82
(英:Barret M82)



M82はアメリカのバレット・ファイアーアームズ社が開発した大型の狙撃銃、対物ライフルです。
開発のキッカケは、有名な例としてフォークランド紛争時のアルゼンチン軍による「ブローニングM2重機関銃での狙撃」が挙げられます。
しかし12.7mm弾クラスの弾丸による狙撃自体は、それまでの戦争でも しばしば見られた運用方法だったそうです。
12.7mm弾は弾道の直進性が強く、長距離射撃でも空気抵抗や風の影響も受けにくいため、狙撃に向いているとされております。
実際精度は良好ではあるものの、その強い反動から ある程度訓練しなければ撃つだけでも危ない武器となっております。

基本構造に特殊なものはなく、重量の軽量化と、反動を低減させるための試行錯誤が見られる位といえます。
作動機構では、ターンロッキングボルトとショートリコイル式を採用することにより、ある程度重量を抑えることができております。
しかしこれでも相当重いため、バイポッドとキャリングハンドルを装備しております。

当初キャリングハンドルやリアサイトは銃本体に直接取り付けられておりましたが、現在では改良されレイルシステムが装備されています。

GIGNでは少数が海外任務で運用されているとのことですが、ヘカートII等が配備されているため、活躍の場は少ないようです。


バレット等の対物ライフルを使用する場合はギリースーツであることが多いため、他の特殊部隊と大差ない外観になってしまいます。

【トイガンについて】
海外製のものが複数販売されておりますので、割愛させて頂きます。
少々高額ながら、その迫力は凄まじいものです。
お好きな方は購入しても後悔しないような、そんなトイガンだと思っております。





●PGM ウルティマラティオ
(フランス語:PGM Ultima Ratio)



PGM ウルティマラティオは、フランスのPGM Précision(プレシジョン)社が1990年代に開発した、軍・法務執行機関向けの狙撃銃です。
それまでのフランス製の銃には少なかった、モジュラーシステムを採用しております。
銃身はフリーフローティングで、用途別に数種類の長さが用意されており、簡単に交換できるようになっております。
銃口にはマズルブレーキ、またバイポッドやピストルグリップを装備しております。
ストックは伸縮式となっていて、チークパッドの高さも調節できる他、ストックをモノポッドで固定することも可能です。

GIGNでは最近になって使われ始めた、といえます。

迷彩服のベルクロパッチ部分の形状、少し露出しているバイザーヘルメットと、GIGNの特徴が見られますね。

余談ですが、ウルティマラティオはラテン語で「最後の切り札」という意味だそうです。
個人的に格好良いと思う反面、いわゆる「中二」的なイメージも払拭できません(^_^;)

【トイガンについて】
こちらはトイガンが存在しておりません。
後述します「ミニヘカート」は商品化されておりますので、近いうちに登場するかもしれません。





●PGM 338
(フランス語:PGM 338)



PGM 338は、PGMプレシジョン社が開発したボルトアクションライフルです。
使用される弾薬は銃の名前に見られますように.338 ラプアマグナム弾ですが、一方でウルティマラティオやへカートIIのような特別な名前は無いようで、単純に「ミニへカート」等と呼ばれているようです。

さてGIGNでの使用例ですが、公式に使用しているとの表記があるものの、写真は確認できておりません。
上記のように.338ラプアマグナム弾を使用するAWライフルが多用されておりますので、影が薄いことこの上ない、少々不憫なポジションのようです。

【トイガンについて】
ARESから発売されております。
海外製のため初心者の方にはオススメできませんが、PGMのライフルで唯一トイガン化されているモデルですので...
気に入られた方は購入されても後悔されないでしょう。





●PGM ヘカートII
(フランス語:PGM Hécate II)



PGM ヘカートは、フランスのPGM Précision社が1990年代に開発した対物ライフルで、ウルティマラティオとPGM 338に次ぐ最大口径モデルです。
使用する弾薬は.50BMGこと12.7x99mm NATO弾で、これにより別名『PGM-50』とも呼ばれます。
約1800m以上の長距離射撃向けに設計されており、1993年にフランス陸軍に正式採用されて以降、現在では様々な部隊が使用しております。

特徴として、ストックは伸縮とは別に着脱も可能となっており、ウルティマラティオと同じく調節可能なチークパッドとモノポッドが装備されております。
これにより10kg以上の重量でありながら、楽な射撃姿勢を確保できるようになっております。
またオプションで木製のストックとグリップが用意されており、こちらが装着されることも多いようです。

GIGNでの使用ですが、対物ライフルは特殊な状況でしか使われないため、非常に少ないといえます。
ただ市街地で「反撃の心配がない遠方を狙う」といった際に限られていますが、その威力を活かして「逃走する車のエンジンを狙う」といったことも想定されているそうです。

海外派遣時でも使用されているとのことですが、これは信頼性が乏しいこともあり、定かではありません。

【トイガンについて】
こちらはトイガンが存在しておりません。
何故 中間のPGM 338だけが製品化されているのか、少々疑問に思っております。





以上、『スナイパーライフル編』で御座いました。
ではでは!