< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセスカウンタ

2014年03月09日

~GIGNの暴徒鎮圧~

今回はGIGNと暴徒鎮圧任務についてご紹介致します。



GIGNは主に対テロ作戦を行う部隊ですが、創設された最初期は機動憲兵隊に含まれていたこともあり、国家憲兵隊らしい警察的な任務も しばしば行っておりました。
これは『地域介入コマンド部隊(Équipe Commando Régionale d’intervention;ECRI)』と呼ばれており、現在のGIGNの源といえるものでありました。

GIGNも暴徒鎮圧任務にあたるとされていた頃は、「国家憲兵隊 機動憲兵隊の隊員として少数が参加」することとなっておりました。
しかし国家憲兵隊・国家警察の双方で行われた”大掛かりな部隊の廃統合”を経た今では、GIGNは特殊部隊以外の何者でもありません。
このため、よっぽどでない限り 今後GIGNが暴徒鎮圧任務に参加することは無いと思われます。



機動憲兵隊は基本的に国家警察の機動隊とほぼ同じ装備で暴徒鎮圧に従事しますが、実際には国家憲兵隊と国家警察では装備が異なることも多いです。
特に大規模なデモや暴動の場合、絶対的に憲兵や警察官の人数は足りなくなってしまうことも しばしばです。

このため合同して鎮圧にあたることもあります。



それでは、2010年頃にフランス南東部のリヨンで起こった暴動と、その鎮圧の様子を見て参りましょう。

暴動の簡単な概要は・・・
数千人の暴徒が店を襲ったり車を焼く等の略奪を行い、これを受けて出動した機動隊は閃光弾と催涙ガスで鎮圧、リヨンは戦場となった。 数百人が逮捕され、数十人が負傷したとされる。
・・・とのことです。

何故起こったのかは詳細は分かりかねますが、どうやら「政府の退職に関する改革法案」に対する抗議だったようで、学生や労働組合の人々が主だったようです。

暴動は比較的大規模なものだったため、機動憲兵隊や国家警察のCRS(共和国保安機動隊)等、多くの部隊が出動しています。

GIGNからも少数の隊員がべラーシュ駅付近へ展開したとされます。

以下、鎮圧の開始から順番にご紹介致します。

まずはこちらです。

炎上する車がバリケードにされていたため、まずは消防隊が(火災等の危険もあるため)消化活動を行いました。
消防士の方は暴徒側から非難や罵声を浴びたようですが、攻撃はされなかったとのことです。

こちらは機動憲兵隊です。

暴徒側からの投石を受けながら、通りを遮断しています。

その内に暴徒側による攻撃が火を伴うものとなり、それと同じ頃から鎮圧側から催涙弾も使用され始めました。

火炎瓶等はあまり使用されず、どちらかというと「ゴミやゴミ箱本体に火をつけて鎮圧側の前へ転がす」等が主体で、それ程過激ではなかったようです。

こちらはカメラマンです。

取材中なのか、暴徒側でも鎮圧側でもないようです。

一連の舞台となったのは、町の中心部・ベルクール広場付近とのことでした。
CRSと機動憲兵隊を中心に、バリケードや立てこもりを排除しつつ“前線を押し上げる”ように進むという感じだったのでしょうか。

暴徒側からの攻撃は、投石の他にも「射出系の武器」が使用されていたとのことですが、詳細は不明です・・・

逮捕を行う機動憲兵隊です。

ニュースサイトでは「Police」と表記されていることも多い写真です。

パッチやヘルメットのエンブレム等、どう見ても憲兵隊です。本当にありがとう御座いました。

国家警察からは、今は無きGIPNも出動していたようです。

GIPNは いわゆる「CT装備」の写真が多いため、暴徒鎮圧スタイルは中々珍しいかと思います。

暴徒鎮圧でも活躍していたようですね。

規模としては大規模だったようですが、幸い死者は一人も出ませんでした。

肝心のGIGNについては、残念ながら彼らであると明確に特定できる写真はありませんでした。

べラーシュ駅(またはその方面)に展開したようですが、展開し始めた時点で暴動は下火になっておりました。
GIGNが鎮圧を行うために向かったのか、もしくは占領を防ぐために向かったのか、詳細は判明しておりません。



他方、2012年以前からGIGNとして紹介されている写真の中に、以下のものが挙げられます。

パッチがGIGNのものか非常に怪しいです。

まとめとしましては、過去に限った話ではありますが、暴徒鎮圧に介入していた可能性は非常に高いです。



そんなこんなで、GIGNと暴徒鎮圧の一例でした。

基本的に火器ではなく警棒や催涙弾が使用されますので、サバイバルゲームでの装備再現は難しいと思います。
しかしイベント等であれば、それなりに雰囲気作りができるのではないでしょうか。

GIGN装備に限ったことではありませんが、遊びとして暴徒鎮圧風装備を揃えるというのも面白いでしょう!

ではでは!



「暴徒は鎮圧だぁーーー!」  

Posted by Lure at 15:40Comments(2)GIGN の訓練

2013年03月10日

GIGNの訓練~サトリー基地と訓練施設について~

今回は『GIGNの訓練~サトリー基地と訓練施設について~』です。



GIGNの司令部は、フランスのヴェルサイユ市南部の『サトリ―(Satory)』に置かれております。

こちらはWikipediaから拝借致しました、ヴェルサイユ市の地図です。

「N12」と表記されている道路の下に、サトリー基地が横長に広がっております。

サトリー基地には、GIGNの司令部の他にも…
①GIAT社の武器・兵器試験場
②フランス陸軍の工兵連隊兵舎
③フランス海軍・海兵隊の兵舎(?)
…等があるとのことですが、どの辺りかまでは調べておりません(^-^;)

ともかく…ヴェルサイユ地区全体の大きさを考えますと、それなりに大規模な基地のようです。

政府や民間の方々を誘致し、基地内や訓練内容等を公開する催しも数回行われておりまして、フランスのニュースサイトでも取り上げられておりました。

2015年のパリ同時多発テロ事件以降は報道も盛んに行われておりますが…
それまでは前述の映画が公開された前後くらいしか、大きく報道されたことがありませんでした。

もちろん軍事基地ということもあって、まだまだ不明なところは多いです。
そんなサトリー基地を、少しずつ見て参りたいと思います。





1.基地の外観や周辺

基地の全貌となると大き過ぎるということもあり、航空写真等でしか全体を収めた写真はないようです。

一方で、基地の一部であれば結構な量の写真が出回っておりまして、特にドキュメンタリー番組や映画『L' Assaut』で登場した箇所は、最早 珍しいものではなくなっております。

またコチラのリンク先の映像では、サトリー基地におけるGIGNの警備任務も紹介されております。

基地の周辺や区画を隔てるフェンスには、高圧電流が流れております。

映像でも確認できますが、自動車での強行突入を防ぐ遮断機等も備え付けられております。

GIGNの隊員も交代制で常駐しているため、著名なFPSゲーム『Modern Warfare 3』に登場したような基地への攻撃は、現実的には難しい(成功しても すぐに鎮圧されてしまう)かと思います。



2.基地内の屋外訓練施設

少しだけですが、基地内の訓練施設を見て参りましょう。

こちらは、ラぺリング訓練等で使用されている設備です。


映画はもちろん、書籍やニュース記事でも頻繁に取り上げられておりますね。

何でも「落下した時の安全策は簡易なものとなっている」とのことで…
ドキュメンタリー番組では、新入りの隊員に「降下しろ。できるだろう?」と上官がスゴむ場面も見られました。

こちらは、クライミング・ボルダリング用の設備です。

上記のラぺリング訓練用の設備と同じく、1970年代から確認されている、比較的古い設備のようです。



3.GIGNお馴染みの訓練施設について

GIGNの訓練を写した写真では、この建物が頻繁に登場しております。

おそらくサトリー基地内、または基地に隣接しているものと考えておりますが、場所に関してはハッキリしておりません。

建物は1つではなく複数の棟から成り立っているようで、結構大きい訓練施設…ということになります。

この建物の内部・外部の色々な箇所を活用して、様々な訓練が行われております。

1970年代から現在に至るまで使用されているようですが、老朽化等の問題もありそうですね。

ゲートと思われる写真です。

演習では実弾を使用するため、わざとらしい表示をしている、とのことです。

こちらは「障害物コース」なるものの開始地点と…


…終着地点です。

こちらは訓練中の写真です。

どことなくアスレチックな感じがしますが、結構な高さと距離があるように思えますので、見た目に反して厳しい訓練なのかもしれません。

この部分はケーブルホルダーなるもので、「テンショナー」という記述がされておりました。

私は高校生の時にクライミングをしていたのですが、この時ロープをピンと張ることを しばしば「テンションをかける」と呼んでおりました。
これと同じ意味かどうかは不明ですが、ロープの長さやテンションのかけ具合を調整するためのものではないか、と考えております。

こちらは「建物の上にある2本のケーブル」と、そのままの記述しかなかったため、用途が全く分かりません。

ケーブルで繋がれている建物に加え、右奥にも建物がありますね。
これで建物が複数だということが確認できます。

ケーブルは、ラぺリング降下等の訓練に使用している可能性が高いですが…


詳細は不明です。

こちらは「穴だらけのサイレン」です。

この穴は「GIGNの射撃によるもの」だそうで、理由は表記されていませんでしたが「単なるお遊びだろう」と推測されていました。
…どんなお遊びなんでしょうね(^-^;)

サイレン以外には、建物内に的の残骸が散乱しているようです。

的はもちろん、枠も穴だらけです。

こちらはフラッシュバン、もしくはスタングレネードが炸裂した跡です。


建物は内部・外部問わず損傷が激しいように見えますが、これも理由の一つかもしれません。

こちらは「25m」を表示している板です。

GIGNでは「25mの拳銃による射撃で70ポイント以上」という試験があるそうで、これを裏付けるものだといえるでしょう。

きっとこんな感じなのではないでしょうか。

使用後の薬莢です。

9mm弾やショットシェル以外の薬莢も確認できますね。


以下より、建物の内部となります。

こちらは「SALLE SITUATION AVION GIGN」なる部屋です。

「SALLE」は「部屋」や「広間」を…
「SITUATION」は「シチュエーション」を…
「AVION」は「飛行機」を…指しております。
「GIGN」は「GIGN」以外の何者でもありません(^_^;)

中を見て参りましょう。

部屋に入って一番最初に目にするのが、この飛行機のドアとのことです。


表も裏も、随分とボロボロになっておりますね。

こちらは客席です。


奥にターゲットが確認できます。

客席の部分にも、ちゃんと外側があるようです。

こちらはドアのように頻繁に出入りされないからか、まだ少し綺麗ですね。

余談ですが、『エールフランス8969便ハイジャック事件』時では、突入までの間に訓練を行ったことで知られております。

映画でも確認できますが、この訓練はハイジャックされた機体と同型の機体で行ったため、施設は使用されておりません。
ですので、施設はこの事件後に設けられた可能性が高いと考えられます。

施設では、下ような飛行機の全体図も用いて訓練していた、とのことです。

『エールフランス8969便ハイジャック事件』時にも、似たような図を使って作戦を練ったそうです。


次に「SALLE SITUATION AVION GIGN」以外の部分を見て参りましょう。

訓練施設となる前は何の建物だったのか、だんだん判明していきます(^-^)

突入訓練が行われる、「入り口の1つ」とされる写真です。

ボロボロです。

廊下の一部です。

こちらはやや長めとのこと。

ご覧の通り「GIGNの作戦の性質に特化している」狭い通路となっています。

訓練時はこんな感じなのでしょう。

こちらは「ゲート」と呼ばれるものです。

下にキャスターが確認できますので、主に部屋の開閉や障害物を想定して使用されているものと思われます。

ターゲットとしても使用されているようで、穴だらけの理由かもしれません。

こちらは部屋の1つです。

右手前にあるものは「炸裂した手榴弾」とのことです。
何故こんな形に破裂しているのかは、私の知識では分かりません。


他にはロッカー室や…


個人用のバスルームや…


集団用のシャワールーム…


大部屋や…


小さな「バー」のカウンターの跡…


大きな厨房の跡…

上にあるのは排気用のシェードですね。

暗い状況下での訓練に最適な、地下通路も…



トイレも…


何故トイレの写真だけ多いのでしょうか(笑)

こちらは階段と踊り場です。

窓の奥に見えるのは「体育館」とのことです。

もうお分かり頂けたかと思います!

①建物の付近に大きな広場がある
②いくつかの建物で構成されている
③大きな部屋が多く、それに比例して窓も多い
④廊下が長い
⑤大人数で使用するであろう、ロッカールームやシャワールーム、トイレがある
⑥大人数の食べ物を作っていたであろう、大きな厨房がある
⑦ドリンクやワインを楽しむ、交流の場がある
⑧運動を楽しむ場がある

どうやら、元々は何かの学校施設だったようです。

ちょっとビックリですね(゜□゜;)





ということでお送り致しましたが、お楽しみ頂けたでしょうか?

私自身、学校でテロ等は絶対に起こって欲しくありませんが、フランスの方々は少し安心できる面もあると言います。

それは「学校を使って何度も訓練しているのだから、学校でテロが起こってもきっと対処できるだろう」と思うからだそうです。

しかし訓練施設という面から見ても、屋外・屋内での戦闘はもちろん、両者を合わせた「出たり入ったりする場合」や「ドア・窓からの突入訓練」、「高所からの降下・搬送」、「隣接した広いシューティングレンジ」と…

学校は意外にも、条件の整った施設なのでしょう。



GIGNは学校で学んでいるようです。

ではでは~


  
タグ :GIGN訓練

Posted by Lure at 22:40Comments(4)GIGN の訓練