< 2012年11>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
Flag Counter

2012年11月29日

映画『L'Ordre et la Morale』のGIGN装備

1988, Nouvelle-Calédonie

1988年、南太平洋、ニューカレドニア



映画『裏切りの戦場 葬られた誓い』こと『L'Ordre et la Morale(モラルと行動)』。
いつも邦題が微妙なことになっております、フランス映画です。

英語版は『Rebellion(リベリオン)』という題になっているようです。

この映画は1988年に実際に起きた『ウベア島事件』と、それに対する元GIGNの隊長の手記を元に制作されております。



制圧した無抵抗な過激派を暴行・殺害した事実を政府が隠匿したことで、フランスの歴史の汚点とも言われる1988年のウベア島虐殺事件を、「クリムゾン・リバー」「バビロンA.D.」のマチュー・カソビッツが自ら監督、製作、脚本、主演を務めて映画化。
1988年4月22日、フランス領ニューカレドニアのウベア島で起こったカナック族の独立運動に対し、政府は国家憲兵治安部隊(GIGN)のフィリップ・ルゴルジュ大尉を交渉役として派遣する。
ルゴルジュ大尉は平和的な解決策を模索するが、国内では対話路線と強硬派の意見が衝突。
やがてルゴルジュ大尉の尽力もむなしく、政府から攻撃命令が下る。


ハリウッドの様な過度な演出はありませんし、GIGNもお馴染みの対テロ装備ではありませんので、全く話題になりませんでしたが…

GIGN等の武器・装備品について、おおまかにご紹介させて頂きたく思います。





1.武器について
まずは映画に登場している武器から見て参りましょう。

1980年代ということもあり、いわゆる「タクティカル系」の武器は とても少ないです。

①マニューリンMR73

GIGNのシンボル的な存在、お馴染みのMR73です。


残念ながらトイガンは存在しておりません。

余談ですが、imfdbでは「S&Wと思われる名称不明のリボルバーも登場している」とありました。

こちらはGIGNとは あまり関連性がないかもしれません。

GIGNの使用しているリボルバーとしてはS&W M686が挙げられますが、ウベア島事件で実際に使用されていたのかは不明です。


②MAC-50

ややマイナーなフランス軍の拳銃です。
残念ながら、こちらもトイガンは存在しておりません。


③FA-MAS

お馴染みのFA-MASです。

映画では森林戦ということもあってか、珍しく撃ちまくられておりました。



2015年のパリ同時多発テロ事件でも確認されましたので、GIGNでも長い間 使用されている銃となります。
トイガンでは東京マルイ製の一択になります。


④SIG SG543

やや珍しい、古いアサルトライフルです。

GIGNではSG550系が使用されておりますので、それの前身といえる存在だったのではないでしょうか。

こちらもトイガンは存在しておりません。


⑤MP5

お馴染みのMP5です。

映画では古いモデルが登場しておりますが、SDモデルは いかにも「ジャングルでの特殊部隊の武器」といった感じです。


トイガンは数多く存在しております。


⑥MAT-49

GIGNも最初期に使用していたとされる、フランス軍の短機関銃です。
MP5の登場年代とGIGNの創設年代が若干被っていることもあり、短命だったようです。
残念ながら、現在 入手可能なトイガンはありません…


⑦ウィンチェスターM1300

ポンプアクション式のショットガンです。

映画ではMR73と合わせて使用されており、実に渋いチョイスとなっております。

しかしながら、現在 入手可能なトイガンはありません…





2.装備について
次に装備を見て参りましょう。

ウベア島は南太平洋の熱帯地域ですので、実際も軽装だったようです。
「夏もGIGNやフランス国家憲兵隊の装備をやりたい!」という方には、ピッタリかもしれません。


①服装

映画では空挺部隊用のジャンプスーツが多用されております。
フランス軍の放出品が出回っておりますので、入手は難しくないかと思いますが、サイズ選びは大変かもしれません。


②パッチ

年代的には、お馴染みの「オールドスクールなパッチ」となりますが、映画ではベルクロベースが確認できるのみでした。

GIGNだと判別できる要素は無くなってしまいますが、着用されなくても大丈夫かと思います。
なおEPGINは(上記の武器の写真の中でも)パッチの着用が見られます。


③ヘッドギア

映画では、フランス軍の『F2キャップ』や『リザードキャップ』等が使用されております。

バンダナやメッシュスカーフを巻く、というスタイルも良いかと思います。

身軽で動きやすく、頭も蒸れ難いでしょうから、ヘルメットより快適かもしれません。

なお国家憲兵隊の隊員が着用しているヘルメットは、『G1』と呼ばれるモデルかと思われます。

映画ではバイザーを外して着用されております。


④ベスト・ウェビング
映画ではボディアーマーの類が非常に少なく、どれも身軽で通気性の良い装備になっております。

1つめは、『L' Assaut』でもお馴染みの『名称不明のベスト』です。

厳密には『L' Assaut』のモデルよりも古いもののようですが、詳細は不明です。
代用品さえ希少となりつつある、入手が難しいベストです。

また上記の写真では、米軍の『ロードベアリングベスト』と似た形状のベストも使用されております。

2つめは、フランス軍のウェビング装備です。

映画でのGIGN装備のみならず、フランス軍装備としても活用しやすい装備かと思います。
こちらのウェビング装備は、国内外で『F1』や『FAMAS』等と呼ばれておりますが、これが正式名称なのかは不明です。

3つめは、フランス国家憲兵隊や国家警察でお馴染みの、LEらしいレザーベルトです。

ベルトをベースに、ホルスターやポーチが取り付けられております。
オールドスクールならではの装備で、稀に放出品も見られますが、程度が良いものは少なくなってきております。


⑤ブーツ

映画では少ししか映りませんので、あまり確証を得られておりませんが…
おそらくフランス軍の『2バックルブーツ』や『アンクルブーツ』等をはじめとした、軍用ブーツが着用されているのでは、と思います。





以上…
普段とは少し違うGIGN装備を簡単にご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか?

もし間違いや追加情報等のご指摘・ご意見が御座いましたら、お手数ではありますが是非ともお知らせ下さい。

  

Posted by Lure at 22:17Comments(0)◆GIGN と映画