< 2016年09>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
Flag Counter

2016年09月30日

更新情報~その3~

先日は久々に新しい考察記事をアップ致しましたが…
『Rainbow Six Siege』を所持していないという致命的な問題もあり、相変わらず質が低い記事しか書けないものだと、再認識しております。

そんなブログの更新情報ということで、何が改編されたのか明記させて頂きたく思います(^_^;)



そういえば、フランスでのHK416も話題になっておりましたね。
昨年に、トイガン業界歴云十年以上のベテランな方から「HKが売り込んでるらしい」とお話しを聞いておりましたが…
過去のトルコでの件のように、G36もお古になってしまうのでしょうか。



1.更新済みのもの
記事につきましては…

『~MW3:GIGN 装備の再現と完成 編~』
MP5への切り替えが完了しましたので、写真を更新致しました。
右足のスモークグレネード、腰のスタングレネード等、固定方法を変更した点もありますが、とても地味です。
一方で参考画像の一部は、Xbox360の故障により、昔撮影した「画質の悪い写真」に戻ってしまっております。

また「ライオットシールドを背負う」という無駄な項目を追加致しました。
MW3の舞台設定である今年、イベント等でシールドを背負われたい方々の参考となれば幸いです。


『映画『L' Assaut』のGIGN装備』
より見やすく まとめました(悪化しておりました場合は申し訳ありません)。
装備についての追記はありませんが、動画だけ追加しております。
最新装備がスポットライトを浴びる昨今、「1990~2000年代初期の装備は人気ないのかなぁ」等と内心思ってしまう自分がいます(^.^;)


その他の記事も地道に改訂中ですが、写真の類が不足しておりますため、もう少し時間がかかりそうです…



2.更新予定のもの
お馴染みのロシア・ソ連軍装備に関してです。
ФСБ、МВД装備の友人が増え、自身も出戻りを果たしましたものの…
MW3:GIGN装備の方面に予算を割いておりましたため、特に大きな変化はありません。
現在はGIGN装備が一段落したこともあり、予算がこちらに切り替わっており、地道に貯金しております。

友人に合わせた1990年代、特にチェチェン紛争時が焦点となっております。
過去に所持しておりました6B5等のこともあり、「全く同じ装備に出戻り」では面白味がないかと思いまして、ちょっと違った装備を調べております。

「大戦期・ソ連時代・ロシア連邦初期・最近(ЕМР)」の4つの”ステレオタイプ”を並べるのが夢ではありますが、そんなに上手くいくわけがありません(^.^;)



ロシア・ソ連関連については、来春位に「全く新しい何か」で帰ってきます。

アベンジャーズとしては帰ってきません。

ではでは、更新情報で御座いました。
  
タグ :更新情報

Posted by Lure at 21:35Comments(0)◆更新情報

2016年09月18日

ショップ一覧

国内・海外のインターネットショップのリンク集です。

主にGIGNを含むフランスのLE装備をお探しの方向けです。


(写真はPSIG、ショッピング施設での訓練時の写真です。

長年ウィンドウショッピングになってしまっているお店、最近見つけたお店等、色々増えて参りましたので…
整理も兼ねてリストにさせて頂きました。

リストとはいえ、お店の数は少ないです。
また、あくまでも私個人の「感想」のようなご紹介しかできておりません。

微力ではありますが、ご参考となれば幸いです。



1.日本国内のショップ

・bttc.
実物やGK-Pro製品をはじめ、フランス以外の多くのLE装備を開拓されているお店です。
GIGNのレプリカパッチ等も販売されております。
ブログの方では、北欧や東欧等、まだまだマイナーな国のLEについてもご紹介されております。

・デポリュテス
フランス軍ファンの方にはお馴染みのお店かと思います。
GIGNのパッチをはじめ、国家憲兵隊・国家警察関連の品も数多く販売されております。

この他にも、代用できる衣類や装備品(CE迷彩服やTACタイプベスト等)は、国内の様々なお店で販売されております。



2.海外のショップ(フランスを除く)

・eBay
お馴染みのeBayです。
数年前はレプリカの旧型パッチと1/6フィギュア、書籍くらいしか出品されておりませんでしたが…
現在は稀に放出品が見られる等、出品される物品が増えております。

・GBF Militaria
イギリスのお店です。
フランス軍や国家憲兵隊・国家警察のアイテムが多い、というわけではありません。
しかし過去にSPECTRAヘルメットのフルセットや、スウェーデンのM90ヘルメットのフルセット等々…
稀にレアものが入荷することのあるお店ですので、ご紹介させて頂きました。

なおアメリカやイギリスのエアソフトショップでは、国内では流通していないものの代用に適した装備品が少数 見受けられます。
私自身も過去に、代用品である『Guarder製SEAL 2000ベスト』を輸入致しました。
予算と相談しながら、是非 色々探して頂ければと思います。



3.フランスのショップ

・eBay.fr
基本的にはeBay.comと変わりありませんが、こちらにてフランス語で検索しないと見つからない放出品も多いです。
アサルトスーツやヘルメットは稀に放出が見られますので、入手できた方もいらっしゃるかと思います。

・Amazon.fr
こちらもeBayと同じく、アメリカのAmazonでは見つからない商品が多いです。
国家憲兵隊・国家警察のアサルトスーツのレプリカ等が入手可能です。
Mil-Tec製品やGK-Pro製品等、欧州を拠点とする有名なメーカーの製品も多く見られます。

・Tac Store
Gallet製のヘルメットをはじめ、多くの装備品を取り扱われております。
しかしながら、昨今のフランスの対テロ事情によるものなのか、2015年以降は在庫供給が不安定な状態です。

・GK-Pro
お馴染みのGK-Pro社のホームページです。
bttc.さんにて国内への流通ルートは存在しておりますね。

・Kerdier
Kerdier社のホームページです。
映画等でお馴染みの(1990~2000年代初期の)装備に最適なアサルトスーツが販売されております。
生地や縫製も、新品実物といえる程の高品質と思われますが、とても高額になるかと思います。

・Doursoux
GIGNのアサルトスーツ(特に1980~1990年代に使用されていたデザイン)と、酷似したアサルトスーツが販売されております。
価格面でもデザイン面でも、非常に有力なお店です。

・Vet Securite
国家憲兵隊・国家警察問わず、品揃えの良いお店です。
装備以外も、トレーニング用品等が見られます。

・General Army Store
特に装具や小物、パッチ等が豊富なお店です。
日本への発送は対応されているか不明ですが、クレジットカードでの支払いが可能とのことです。
GIGNのみならず、PSIG等を目指される方にも良いお店かと思います。

・Heritage Airsoft
エアソフトショップです。
国家憲兵隊・国家警察のアサルトスーツと酷似したスーツが販売されており、安価な品も多いです。

・Surplus Militaire
お店の名前の通りのショップです。
CE迷彩の衣類はもちろん、LE向けのアサルトスーツやレザーベルト等もあります。


恥ずかしながら私自身、フランスから直接個人輸入した経験はありません。
(アメリカ、イギリス、ロシア位です。)
英語表記があり、かつPaypal等に対応しているお店は、基本的には国際配送可能な場合が多いです。
フランス語のみのお店については、「日本へ発送してくれるのかどうか」という段階から、開拓して頂く必要があるかと思います。

日本への配送問題とコスト、サイズ等がクリアできれば…入手自体は十分可能です。



この他にも(特にフランス国内では)放出品やポリス用品、エアソフト、アウトドア系のお店が数多くあります。
最近のお話しではありますが、フランスの方が母国内で買い物をされる場合は、国家憲兵隊・国家警察の装備共に それなりの入手ルートが確立されつつあるようです。
対テロ特殊部隊の放出品は、対テロ強化によって新しい製品へ切り替えを行いつつ、かつ(テロリストへ渡らないように)放出も ある程度抑えつつ…という、微妙な感じで行われているように感じます。

日本国内では、高額となる個人輸入を行うか、代行会社に依頼するか、現地へ旅行ついでに出向くか、フランスにお住まいの方と友達になるか、はたまたレプリカ類の発売を待つか…

相変わらず、お金をつぎ込む以外に有効な手段はありません(笑)

モノが手に入りやすくなったとはいえ、残念ですね…

一方で、実物等が入手できなくとも その分 他に予算を回せますし、「何でも実物でないといけない」というわけではありませんので…
ご自身のペースで、目指されるスタイルに合わせた装備を揃えて頂ければ良いのでは、と思っております(^-^)



ではでは、素敵なショッピングライフを~


  

Posted by Lure at 00:35Comments(0)ショップ一覧