< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセスカウンタ
Flag Counter

2012年04月28日

GIGNの武器:リボルバー編

今回はGIGNならではの要素である、リボルバーを見て参りましょう。



●マニューリン MR73
(フランス語:Manurhin MR73)



マニューリンMR73は、1973年にマニューリン社が開発したダブルアクション方式の回転式拳銃です。
MR73はマニューリン社がラインナップで出していたのではなく、フランス警察の要請により開発・採用されたといわれております。
各部品を削り出し加工で製造しているため、仕上げと命中精度に定評がありますが、その分 高コスト・高価格のため、採用はフランス警察およびフランス国歌憲兵隊等の少数にとどまっております。

こちらは分解図です。

※銃の密造を促す資料では御座いません。

GIGNが使用する武器として非常に有名ですが、先述の通りGIGNだけが使用しているわけではありません。
例えばオーストリアの警察特殊部隊『Cobra(コブラ)』も、1990年代まで使用しておりました。
GIGNが有名になったのは、GIGNが対テロ特殊部隊だからであり、対テロ特殊部隊がリボルバーを主要装備としていることが大きく影響したのだと思われます。

GIGNがMR73を採用した理由としては、やはり高い命中精度と、回転式拳銃特有の作動性によるものとされております。
.357マグナム弾の(当時の水準での)高い殺傷力も挙げられます。

この優れた性能から、GIGNでは8インチモデル及び10インチモデルにスコープとバイポッドを取り付け、狙撃に使用するまでに至っております。
以下、主なバリエーションをご紹介致します。

2.5インチモデル


4インチモデル


6インチモデル


8~10インチモデル

スコープも複数の種類が確認されております。

MR73は開発・採用されて40年近く経ちますが、今もマニューリン社のカタログにラインアップされているようです。

2016年現在、GIGNにおいては第一線から引きつつあります。
そのシンボル的存在から一応は使用され続けてはいるものの、対テロ装備として表舞台に立つことは無いかもしれません(;_;)

●トイガンについて
残念なことに、トイガンは存在しておりません。
エアガン、ガスガン、モデルガンのどれも存在しないのが現状です。
有名とはいえ「知る人ぞ知る」銃であり、映画やゲームに登場するのも稀です。
市場での期待も薄いようですので、今後もモデルアップされることはないでしょう…





●スミス&ウェッソン M686
(英語:S&W M686)



S&W M686は、1980年にS&W社が開発した、ダブルアクション方式の回転式拳銃です。
M686はシルバーステンレスのモデルで、スチールモデルになるとM586となります。
現在のアメリカでは、コルト社の有名な「コルト・パイソン」の対抗製品という位置付けで、信頼性の高いリボルバーとして知られているそうです。
以下、主なバリエーションをご紹介致します。

2.5インチモデル


4インチモデル


6インチモデル


さてGIGNとの関係ですが、M686はステンレス製ということもあり 水陸両用作戦時を含む「銃が水に濡れる場合」に使用されていたようです。
高精度・高価格のMR73を濡らすわけにはいかないのか、もしくはMR73は濡れてしまうと作動性に問題があるのか、未だ明確な理由は判明しておりません。
国内・海外のウェブサイトおよび書物には、文字だけではありますが 高確率で登場しております。

写真は今のところ1つだけ、発見できております。

非常に少ないですが、使用していることには間違いないようです。

●トイガンについて
こちらはマルシンとクラウンから販売されております。
クラウンの方はエアコッキングガンとガスガンの2種類がラインアップされており、非常に安価ですが その分質感に劣ります。
マルシンの方はガスガンがラインアップされておりまして、クラウンの方よりは高価ですが 質感は良好です。





●サバイバルゲームで運用するには

「GIGN装備ならリボルバーを使用したい!」と思われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

昨今のトイガン事情では、GIGN装備でリボルバーを使用する場合はM686となってしまいます。

サバイバルゲームでリボルバーをメインとして運用するのは、中々難しいです。
精度面では、やはり東京マルイ製の電動ハンドガンやガスブローバックガンに分があります。
CQBにおいても、リボルバーはトリガーが少し重く火力が低いため、撃ち負けてしまうことも珍しくありません。

映画『L' Assaut』では、MR73を撃ち尽くした隊員がP228へ切替えて応戦するシーンが登場します。

リボルバーとオートハンドガンの双方を持ち合わせるスタイルは、サバイバルゲームでも 作動不良や弾切れ・ガス切れ時に有用です。
私自身はオートハンドガンの保険として運用してみましたが、実戦を経験する機会は少ないものの、精神的な「あと1挺あるから大丈夫」という効果はありました。

サバイバルゲームでの実用性はイマイチですが、パッチやバイザー付きヘルメット等と合わせるとGIGNらしさがより際立つ…そんなアイテムといえるでしょう。





以上、『GIGNの武器:リボルバー編』でした。
ではでは!





同じカテゴリー(リボルバー・ピストル)の記事画像
GIGNの武器:オートハンドガン編
同じカテゴリー(リボルバー・ピストル)の記事
 GIGNの武器:オートハンドガン編 (2012-05-02 00:02)
この記事へのコメント
失礼します。ブログ拝見しました。自分もDVD見てGIGN最高にカッコイイと思ってしまった一人です(^_^)少しずつ装備揃えてGIGNやろうと思います。更新楽しみにしています(*´∇`*)
Posted by えば at 2012年05月01日 05:10
はじめまして。
コメント頂きまして感謝です。
興味を持って頂いて非常に嬉しく思っております(^^)
というのも「DVDを見た」という声を、周りから全く聞いておりませんので・・・それだけで嬉しい限りです。
まだまだ情報・知識不足ではありますが、参考にして頂ければ幸いです!
Posted by LureLure at 2012年05月01日 22:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。