< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンタ
Flag Counter

2012年05月16日

GIGNの武器:PDW編

今回はGIGNが使用している、もしくは使用されていたPDW(Personal Defence Weapon)についてです。



●FN P90
(英語:FN P90、Project 90)



P90はFN社が90年代に開発した、PDW(Personal Defense Weapon:個人防衛火器)です。
それまで使用されていた短機関銃と違って「専用の弾薬を使用する全く新しい種類の武器」として開発され、PDWという分類を確立したとされております。

この風変わりなデザインは人間工学に基づき設計されたもので、非常に構えやすくなっております。
またブルパップ方式を取り入れることで銃身を長くし、良好な命中精度と取り回しの良さが確保されております。
独自の装填機構は50発もの装弾数を実現しましたが、今までの銃とは大きく異なる装填方法であるため、素早いマグチェンジには相当な慣れが必要といわれております。

P90はもとから三重水素で発光するドットサイトを標準装備しているそうですが、代わりにレイルシステムが取り付けられているモデルも存在します。

他にも細かい改良・変更が行われているようです。

GIGNでの使用例を見て参りましょう。

GIGNおよびフランス軍では、その使い勝手の良さ、装弾数、精度といった面から、比較的初期に採用されました。


特にボディアーマーを装備した相手を簡単に無力化できる、という要素が大きかったようです。


その他、サプレッサーを装着している例も見られますが、現在ではP90自体が少数になりつつあるようです。

●トイガンについて
東京マルイより発売されているものが最も代表的です。
取り回しが良く構えやすいのは、サバイバルゲームでも大きな魅力です。
ただ電動ガンはその独特な給弾方式ゆえに、弾詰まりや給弾不良が比較的起こりやすいようです。





●ヘッケラー&コッホ MP7
(ドイツ語:H&K MP7)



MP7はH&K社が90年代に開発した、PDW(Personal Defense Weapon;個人防衛火器)です。
先述のFN社のP90に対抗すべくH&K社が開発し、90年代末期に公開されました。

近年のH&K製ならではのアンビセレクター、調節可能なストック等、使用者のことも十分考慮して設計されているようです。
使用する弾薬の性質上、MP5よりも低反動・高精度となっており、もはや短機関銃のカテゴリ自体を危うくするような性能を有しております。

GIGNでは長らくP90が使用されておりましたが、2015年に起きた一連のテロ事件時に極少数が確認されました。

まるで間違い探しのような写真ではありますが、MP7の姿が確認できます。

こちらはニュース記事での写真です。

2015年以降からは、武器・装備共に大幅に変化が見られております。

●トイガンについて
東京マルイから電動ガンとガスブローバックガン、KSCからガスブローバックガンが発売されています。
映画やゲーム等の影響もあって非常に人気ですので、トイガンとしての性能等は割愛させて頂きます。





以上、『GIGNの武器:PDW編』でした。
ではでは~





同じカテゴリー(ライフル・SMG・PDW)の記事画像
GIGNの武器:アサルトライフル編
GIGNの武器:SMG編
同じカテゴリー(ライフル・SMG・PDW)の記事
 GIGNの武器:アサルトライフル編 (2012-05-17 22:38)
 GIGNの武器:SMG編 (2012-05-14 23:40)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。