< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ

2012年08月06日

ガスマスクについて

今回はGIGNで使用されているガスマスク・レスピレーターについてです。



ガスマスクは今や世界中の特殊部隊で使用されている備品の一つとなっております。
元々は第一次世界大戦での化学兵器に対する兵士の防護用品でありましたが、昨今は非殺傷ガスやNBC等、その役割も様々です。

対テロ部隊であるGIGNも色々なガスマスクを使用しております。
大まかではありますが、順番に見て参りましょう。



●FERNEZ社のガスマスク

上記の写真が例ですが、1980~90年代頃に着用が多く見られたガスマスクです。
FERNEZ社はフランスのメーカーで、民間向けのモデルもいくつか存在しております。

国家憲兵隊全体では今も相当な数が使用されており、GIGNで使用されている個体も様々のため、残念ながら細かい仕様までは調べ上げられておりません。



●MSA社のガスマスク

非常に有名なメーカー、MSA社のガスマスクです。

化学兵器や放射能下等、色々な状況を考慮している故に複数の型式が使用されているようです。



●AVON社 "SF10"

SASでも使用されていた、もはや説明が必要無いといえる程 有名なレスピレーターです。
GIGNでも1990年代頃に使用されておりました。

SF10の詳細については、私より遥かに詳しい方が大勢いらっしゃるかと思いますので割愛させて頂きます。



●AVON社 ガスマスク (画像はFM50です)

M50という名称をはじめ、米軍や各国の軍、特殊部隊で使用されているガスマスクです。
LE向けにはC50、FM50、FM53、FM54、HMK150等のモデルが存在しておりますが、その他にも数多くのバリエーションが確認できます。
モデルによってはNATO用として一括で運用されています。
GIGNでも2015年に起きた一連のテロ事件時に見られました。

余談ですが・・・
著名なFPSゲーム『Call of Duty;Modern Warfare 3』が2011年に発売されており、2016年という舞台設定でGIGNがAVON社のガスマスクを使用しているという、未来予想図が的中している面白さもあります。



●サバイバルゲームで使用するには

ガスマスクをサバイバルゲームで使用するには、レンズがBB弾の直撃に耐えられない種類もありますので、調べたうえで対策を考えなくてはなりません。

MSA社のガスマスクやAVON社のガスマスクは、以外とeBay等で普通に販売されております。
特にSF10等の有名な個体は、国内でも稀に流通するような存在となっております。

またサバイバルゲーム用に「ガスマスク・レスピレーター型フルフェイスマスク」では、AVON社のM50に酷似したモデルもあります。

恥ずかしながら、私自身はこのフルフェイスマスクしか所持しておりません。

実物の方は友人のS10レスピレーターを中心に、ゲーム中での運用を拝見しております。

ガスマスク型フルフェイスマスクは、個人差はあるかと思いますが、視界は広く感じられます。
フィルター部分がファンになっているモデルが大半で、蒸れや曇りを低減することもできます。
実物ではない分、普通に息ができますので、サバイバルゲームで激しく動く方には こちらの方が良いかもしれません。
質感やロマン要素は実物に敵いませんが、とても安価です。

実物は、基本的に視界は広いようですが、やはりモデルによってはレンズを取り換える必要があります。
またヘルメットやバラクラバと併用する場合、セーフティでの着脱が面倒らしく、外さない状態でいることも多かったです。
他にも蒸れたり、曇ったり、息苦しかったりと、ガスマスクなだけに中々面倒とのことでした。
実物は高価になってしまうこともありますが、それを補って余りあるロマンがあるのは確かなようです。

モデルによっては、どちらも「フィルターが干渉してサイティングできない」という問題があります。
その他に関しましては…実物もフルフェイスマスクも一長一短がある、という感じでしょうか。
やはり ご自身の好みで選んで頂くのが一番かと思います。





以上、GIGNの『ガスマスクについて』でした。






同じカテゴリー(ヘッドギア)の記事画像
バラクラバとアイウェアについて
同じカテゴリー(ヘッドギア)の記事
 バラクラバとアイウェアについて (2012-04-09 23:40)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。