< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ

2013年03月10日

GIGNの訓練~訓練施設 その2~

今回はGIGNの訓練施設をご紹介したいと思います。



随分前にコチラで記事にしたことがあったのですが・・・

最近一般向けに公開されたそうで、前回に比べ内部の写真も多く入手できました。

『GIGNの訓練キャンプ』と題されてはいるものの、非常に説明文の少ない記事でした。
このため写真から把握できることと、「」内の説明以外は・・・残念ながら確信がありません。

では・・・見て参りましょう!



まずは建物の外観からです。

GIGNの訓練を写した写真では、この建物が頻繁に登場しています。


今回、建物は1つではなく、複数から成り立っていることが判明致しました。
結構大きい訓練施設・・・ということですね。


ゲートと思われる写真です。

演習では実弾を使用するため、“わざとらしい”表示をしている・・・とのことです。


こちらは「障害物コース」なるものの開始地点と・・・

終着点だそうです。

ロープを使った訓練であることは間違いありませんが・・・残念ながら詳細不明です。

この部分はケーブルホルダーなるもので、「テンショナー」という記述がされていました。

私は高校生の時にクライミングをしていたのですが、この時ロープをピンと張ることを しばしば「テンションをかける」と呼んでいました。
これと同じ意味かどうかは不明ですが、ロープの長さやテンションのかけ具合を調整したり、その方法を学んだりするのではないでしょうか・・・?


こちらは「建物の上にある2本のケーブル」と、そのままの文章しかなかったため、用途が全く分かりません。

ケーブルで繋がれている建物に加え、右奥にも建物がありますね。
これで建物が複数だということが確認できます。

ケーブルは、ラぺリング降下の訓練等に使用している可能性が高いですが・・・


詳細は未だ不明です。


こちらは「穴だらけのサイレン」です。

状況開始~終了等、各アナウンスを行うためのもの・・・なのでしょうか。

ちなみにこの穴は「GIGNの射撃によるもの」だそうです。
理由は表記されていませんでしたが、単なる“お遊び”だろうと推測されていました。
・・・どんなお遊び!?



次に、武器等に関連している写真です。

床に落ちていたものの1つです。

これは「内部で危険な訓練を行っていることを表している」そうです。
どう見ても的にしか見えませんが・・・


こちらは的そのものですね。

的はもちろん、枠も穴だらけです。


こちらはフラッシュバン、もしくはスタングレネードが炸裂した跡です。

特殊部隊の訓練では珍しくも何ともないですが、改めて写真で見ると・・・やっぱり何だか凄く感じますね。


こちらは「25m」を表示している板です。

GIGNでは「25mの拳銃による射撃で70ポイント以上」という試験があるそうで、これを裏付けるものだといえるでしょう。


きっとこんな感じなのではないでしょうか。


使用後の薬莢です。

9mm弾やショットシェル以外の薬莢もあるようです。

ちゃんと回収するようにしている、とのことです。



では、建物の内部を見てみましょう。

まずは、前回もご紹介致しましたこちらから・・・

映画でお馴染みの、旅客機内を想定した部屋ですね。


飛行機のドアです。


表も裏も、随分とボロボロになっています。


こちらは客席です。


奥にターゲットが見えています。


客席の部分にも、ちゃんと外側があるようです。

こちらはドアのように頻繁に出入りされないからか、まだ少し綺麗ですね。



次に、機内以外の部分を見てみましょう。

訓練施設になる前は一体何だったのか、じわじわ判明していきますよ~


突入訓練を行う部分で、「入り口の1つ」だそうです。

ボロボロですね・・・


廊下の一部です。


こちらはやや長めとのこと。

ご覧の通り「GIGNの作戦の性質に特化している」狭い通路となっています。

訓練時はこんな感じなのでしょう。


これは・・・穴だらけですが「ゲート」と呼ばれるものだそうです。

下にキャスターが付いているので、部屋の開閉や、障害物等を想定して置いているのでは、と思います。


こちらも部屋の1つです。

右手前にあるものは「炸裂した手榴弾」だそうです。
左側が安全レバーの付いている部分・・・と見れば、見えなくもないですね。
何故こんな形に破裂しているのかは、私の知識では分かりません。


他には個人用のバスルームや・・・



集団用のシャワールーム・・・



大部屋や・・・



小さな「バー」のカウンターの跡・・・



大きな厨房の跡・・・

上にあるのは排気用のシェードですね。


暗い状況下での訓練に最適な、地下通路も・・・


結構大きいようです。


トイレも・・・



何故トイレの写真だけ多いのでしょうか(^^;)


こちらは階段と・・・


踊り場ですね・・・

窓の奥に見えるのは体育館だそうです。

これでもうお分かり頂けたかと思います(^-^)



いくつかの建物で構成されていて、
大きな部屋が多く、
廊下は長く、
壁やカーテンはパステルカラーで、
大人数が使用するであろうシャワールームやトイレに、
大人数の食べ物を作っていたであろう大きな厨房、
“ドリンクやワインを楽しむ交流の場”もあれば、
“運動を楽しむ場”もある・・・



どうやら、元々は何かの学校施設だった可能性が高いです。

ちょっとビックリですね(゜□゜;)



ということでお送りしましたが、如何だったでしょうか?

私自身、学校でテロなんか絶対に起こって欲しくありませんが、フランスの人々は、少し安心できる面もあると言います。

それは「学校を使って何度も訓練しているのだから、学校でテロが起こってもきっと対処できるだろう」と思うからだそうです。

しかし訓練施設として見ても、野外・室内での戦闘はもちろん両者を合わせた“出たり入ったりする”場合や、ドア・窓からの突入訓練や、高所からの降下・搬送、広い運動場・体育館を使用したシューティングレンジと・・・

学校は意外にも、条件の整った建物なのでしょう。



GIGNは“学校で学んでいる”ようです。



ではでは!






タグ :GIGN訓練

同じカテゴリー(GIGN の訓練)の記事画像
~GIGNの暴徒鎮圧~
GIGNの訓練~訓練施設 その1~
GIGNの訓練~サトリー兵舎 編~
同じカテゴリー(GIGN の訓練)の記事
 ~GIGNの暴徒鎮圧~ (2014-03-09 15:40)
 GIGNの訓練~訓練施設 その1~ (2012-06-01 23:23)
 GIGNの訓練~サトリー兵舎 編~ (2012-05-31 23:19)
この記事へのコメント
sasのキリングハウスみたいな訓練施設を想像してたけど、gignは学校を使ってるんですね。
Posted by あ at 2013年03月15日 17:33
>あ さん
コメントありがとう御座います。

私もキリングハウスや“軍隊の訓練施設”らしいものだと思っておりました。

建物の外にサッカーゴールのようなものも見えますので、学校施設で間違いないとは思います。
意外な再利用でビックリです(^^)
Posted by LureLure at 2013年03月16日 22:10
学校を訓練施設として使うのですか~。

フランス軍は多分お金がないのかもしれないですね(笑)

確かGIGNとは全く関係ありませんが、フランス軍外人部隊に在籍していた方のブログを紹介しておきます。実際にアフガンにも行かれたみたいです。

http://tacticalparamedic.militaryblog.jp/

やはり実体験を伴った話は読んでいてかなり説得力を感じます。
Posted by HiroSauer at 2013年03月22日 00:25
>Hiro Sauer さん
コメント頂きありがとう御座います。

金銭面で厳しいのか、訓練施設にちょうどよかったのか、この点は不明です。

もしかしたら軍の学校施設だったのかもしれません・・・
Posted by LureLure at 2013年03月22日 15:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。