< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンタ
Flag Counter

2014年03月09日

GIGNの暴徒鎮圧

今回はGIGNと暴徒鎮圧任務についてご紹介致します。



GIGNは主に対テロ作戦を行う部隊ですが、創設された最初期は機動憲兵隊に含まれていたこともあり、国家憲兵隊らしい警察的な任務も しばしば行っておりました。
これは『地域介入コマンド部隊(Équipe Commando Régionale d’intervention;ECRI)』と呼ばれており、現在のGIGNの源といえるものでありました。

GIGNも暴徒鎮圧任務にあたるとされていた頃は、「国家憲兵隊 機動憲兵隊の隊員として少数が参加」することとなっておりました。
しかし国家憲兵隊・国家警察の双方で行われた”大掛かりな部隊の廃統合”を経た今では、GIGNは特殊部隊以外の何者でもありません。
このため、よっぽどでない限り 今後GIGNが暴徒鎮圧任務に参加することは無いと思われます。



機動憲兵隊は基本的に国家警察の機動隊とほぼ同じ装備で暴徒鎮圧に従事しますが、実際には国家憲兵隊と国家警察では装備が異なることも多いです。
特に大規模なデモや暴動の場合、絶対的に憲兵や警察官の人数は足りなくなってしまうことも しばしばです。

このため合同して鎮圧にあたることもあります。



それでは、2010年頃にフランス南東部のリヨンで起こった暴動と、その鎮圧の様子を見て参りましょう。

暴動の簡単な概要は・・・
数千人の暴徒が店を襲ったり車を焼く等の略奪を行い、これを受けて出動した機動隊は閃光弾と催涙ガスで鎮圧、リヨンは戦場となった。 数百人が逮捕され、数十人が負傷したとされる。
・・・とのことです。

何故起こったのかは詳細は分かりかねますが、どうやら「政府の退職に関する改革法案」に対する抗議だったようで、学生や労働組合の人々が主だったようです。

暴動は比較的大規模なものだったため、機動憲兵隊や国家警察のCRS(共和国保安機動隊)等、多くの部隊が出動しています。

GIGNからも少数の隊員がべラーシュ駅付近へ展開したとされます。

以下、鎮圧の開始から順番にご紹介致します。

まずはこちらです。

炎上する車がバリケードにされていたため、まずは消防隊が(火災等の危険もあるため)消化活動を行いました。
消防士の方は暴徒側から非難や罵声を浴びたようですが、攻撃はされなかったとのことです。

こちらは機動憲兵隊です。

暴徒側からの投石を受けながら、通りを遮断しています。

その内に暴徒側による攻撃が火を伴うものとなり、それと同じ頃から鎮圧側から催涙弾も使用され始めました。

火炎瓶等はあまり使用されず、どちらかというと「ゴミやゴミ箱本体に火をつけて鎮圧側の前へ転がす」等が主体で、それ程過激ではなかったようです。

こちらはカメラマンです。

取材中なのか、暴徒側でも鎮圧側でもないようです。

一連の舞台となったのは、町の中心部・ベルクール広場付近とのことでした。
CRSと機動憲兵隊を中心に、バリケードや立てこもりを排除しつつ“前線を押し上げる”ように進むという感じだったのでしょうか。

暴徒側からの攻撃は、投石の他にも「射出系の武器」が使用されていたとのことですが、詳細は不明です・・・

逮捕を行う機動憲兵隊です。

ニュースサイトでは「Police」と表記されていることも多い写真です。

パッチやヘルメットのエンブレム等、どう見ても憲兵隊です。本当にありがとう御座いました。

国家警察からは、今は無きGIPNも出動していたようです。

GIPNは いわゆる「CT装備」の写真が多いため、暴徒鎮圧スタイルは中々珍しいかと思います。

暴徒鎮圧でも活躍していたようですね。

規模としては大規模だったようですが、幸い死者は一人も出ませんでした。

肝心のGIGNについては、残念ながら彼らであると明確に特定できる写真はありませんでした。

べラーシュ駅(またはその方面)に展開したようですが、展開し始めた時点で暴動は下火になっておりました。
GIGNが鎮圧を行うために向かったのか、もしくは占領を防ぐために向かったのか、詳細は判明しておりません。



他方、2012年以前からGIGNとして紹介されている写真の中に、以下のものが挙げられます。

パッチがGIGNのものか非常に怪しいです。

まとめとしましては、過去に限った話ではありますが、暴徒鎮圧に介入していた可能性は非常に高いです。



そんなこんなで、GIGNと暴徒鎮圧の一例でした。

基本的に火器ではなく警棒や催涙弾が使用されますので、サバイバルゲームでの装備再現は難しいと思います。
しかしイベント等であれば、それなりに雰囲気作りができるのではないでしょうか。

GIGN装備に限ったことではありませんが、遊びとして暴徒鎮圧風装備を揃えるというのも面白いでしょう!

ではでは!



「暴徒は鎮圧だぁーーー!」





同じカテゴリー(GIGN の訓練)の記事画像
GIGNの訓練:サトリー基地と訓練施設について
同じカテゴリー(GIGN の訓練)の記事
 GIGNの訓練:サトリー基地と訓練施設について (2013-03-10 22:40)
この記事へのコメント
お久しぶりです。

暴動鎮圧という点ではロシアも負けてはいないですね(笑)かなりすさまじいことになっていたりします。かなり前のやつですが・・・。

http://arablog.militaryblog.jp/e90594.html

そういけばこの手のイベントで、かなり面白いイベントがありました。「ネオ零度シティ」というイベントみたいです。

http://www.saba-navi.com/2014/02/04/raid-city-bigout01/

動画はこれです。かなり訳のわからないことになっています(爆)

http://youtu.be/GupzQMOhMYg

http://youtu.be/JJuZR6h93XQ

http://youtu.be/JJuZR6h93XQ
Posted by HiroSauer at 2014年03月17日 08:15
>Hiro Sauer さん
お返事が随分と遅れてしまいました。
申し訳ありません。

ロシアの暴徒鎮圧は私自身あまりよく存じないのですが・・・
大分前に見たニュース映像では、警棒で叩きまくっていたような覚えがあります(-"-;)

フランスでは、大規模なものでなくとも稀にデモや暴動が起こるようです。
暴徒側・鎮圧側共に、比較的穏便な手段を用いるようですが・・・
フランスということもあってか、どうも“革命”的なイメージが感じられますね。

いつかは盾を購入してみたいものです(^.^;)
Posted by LureLure at 2014年03月21日 19:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。