< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセスカウンタ
Flag Counter

2017年11月01日

更新情報~その11~

11月となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。



私は10月から語学学校の後期授業が始まり、本格的な宿題が出るようになりました。
ロシア語を勉強しながら、自分や友人のフランス・ロシアのLE関連の調べものをして、装備を構築するという…そんな日々を過ごしております。
とはいえ、まだ1年半程ですので…当然ながらスラスラと話すことはできません(^-^;)



1.更新済みのもの
記事によって量が異なりますが、それぞれ追記しております。

『ベストとボディアーマーについて』
「サバイバルゲームで使用するには」の項にて、プロテクター類を追記しました。
他の記事では既出となっているLibra社やPantac社の製品に加え、Eagle社の製品を少し追記しております。
また、オールドスクール装備のベストを2点追記しております。
参考としての価値は低めかもしれません…

『お手軽フランス国家警察特殊部隊装備:まとめ編』
友人からの助力もあり、Tasmanian Tiger社のプレートキャリアの使用例等、少し追記致しました。
映画『RAID Dingue』以外にも、国家警察の特殊部隊が登場する映画があるそうですので、追記できないか模索中です。

『Rainbow Six Siege:GIGN 装備の考察』
TwitchとRookのエリートスキンについて追記致しました。
GIGNというよりは、フランスのステレオタイプな(レジスタンスや通常の国家憲兵隊等の)要素が多かったため、かなり苦戦致しました。
『UBI-Day』と呼ばれるイベントがあったようなのですが、案の定 考察が間に合っていないかと思います(^-^;)

同ゲームのお陰でGIGNも知名度が上がり、色々な方々に興味を持って頂けるようになったのではないかな、と思っております。
私自身は未だにゲーム本体を購入していない恩知らずであり、あまり興味を持つことができていない身でありますが…
盛り上がられている方々を見ては、大学時代のCOD:MWブームを思い出して懐かしみ、温かい気持ちになっております(オッサンですね)



2.更新予定のもの
GIGN・フランスLE方面については…いくつかアクションできればと考えております。

1つめは私自身の装備再現についてですが、オールドスクールな装備ということもあり、あまり楽しんで頂けないかと思っております。
加えて、SPAS-12のトリガーバー、シア等が劣化して破損してしまいましたので、完全に揃うのは年末年始になりそうです。

2つめは私の友人による装備についてです。
友人の装備の構築が落ち着いて、それから同意を得られれば…ブログに載せさせて頂こうかと思います。

友人以外にも、多くの方々が色々な面で装備再現をされておりますので…
その方々もブログに掲載させて頂くことができれば、等とも考えております。
ただ私自身、コミュニケーション力が低くてオドオドしがちで、方向音痴故に出無精ですので…実現は難しそうです(-_-;)

3つめは、国家警察のRAID-DCIについてです。
友人の1人が「興味あり!」ということで調べておりましたので、まとめて簡単な記事にできないかと考え中です。


ソ連・ロシア方面については…こちらもアクションしていく予定です。

著名なFPSである『Battlefield 1』におけるロシア帝国軍(白軍)の装備について、考察を試みております。
また諸事情により、既に再現も試みております。

事故により頓挫してしまった警察装備も、GIGN・フランスLE方面が落ち着き次第、再始動する(割れないヘルメットにする)予定です。



ではでは~




タグ :更新情報

同じカテゴリー(◆更新情報)の記事画像
更新情報~その12~
更新情報~その10~
更新情報~その9~
更新情報~その8~
更新情報~その7~
更新情報~その6~
同じカテゴリー(◆更新情報)の記事
 更新情報~その12~ (2017-11-11 17:38)
 更新情報~その10~ (2017-10-01 17:37)
 更新情報~その9~ (2017-08-09 13:27)
 更新情報~その8~ (2017-06-24 16:05)
 更新情報~その7~ (2017-05-29 22:48)
 更新情報~その6~ (2017-03-18 23:09)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。