< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ
Flag Counter

2017年12月30日

更新情報~その13~

2017年も残りわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。



私は学業とアルバイトに加え、地元観光、複数回に渡る忘年会、そして装備の相談会と…
昨年に比べて多忙を極めております。

また、恒例の「楽し過ぎて写真を撮り忘れる」という事態により、MADサバ7の記事を書けておりません(^.^;)
カテゴリーが違う…という面もありますので、このままお蔵入りになってしまう可能性が高いです。



1.更新済みのもの
新しい記事を2~3個 書き出しておりますので、更新ペースが落ちてしまっております。

武器について ほんの少し追記致しました。
G3等について写真を追加致しました。
最新のCZ系アサルトライフル等はミリブロのニュース記事等で既出ですので、追加しておりません。
本当はMR-73を使用して頂きたいところですが、年々幻になってきております(;_;)

『Rainbow Six Siege:GIGN 装備の考察』
友人のRook装備の始動により、ほんの少し追記させて頂きました。



2.更新予定のもの
色々と立て込んできております。

列挙させて頂きますと…
①GIGN関連:1980~1990年代の装備 (私自身)
②GIGN関連:Rainbow Six SiegeのRook装備 (友人)
③フランスLE関連:RAID-DCIの装備 (友人)
④ロシア関連:ロシア警察の装備 (私自身)
⑤ゲーム関連:Battlefield 1のロシア帝国軍の装備、記事を打ち出し中
⑥GIS関連:記事を打ち出し中
…といった具合です。

GIGN・フランス方面については…前々回に申し上げました通りです。
おそらく…友人のR6SのGIGNことRook装備を、一番にご紹介させて頂くことになるかと思います。

MW3のGIGN装備は「悪いが、私専用に作ってある」という、アイアンマンことトニー・スタークな状態でありましたが…
今回は友人自身に装備を着脱して頂く必要があるため、「分解・組み立て・破損時の対応が誰でもできる」という点と、「既製品を組み合わせるだけで済む」という点を重視しております。

一方で、私自身の装備は停滞してしまっております。
案の定、予算が東側に吸い上げられてしまっているからです(-"-;)


ソ連・ロシア方面については…現在、ロシア警察の装備を導入中です。

装備のLE方面への統一が ようやく形になって参りましたが、まだまだ足りないものが多いです。
今現在も、ANA社の製品を中心に少しづつ増やしております。

PSh-97はシーリングファンが直撃して大破してしまったため、眠っていたSSh-40を引っ張り出して黒いカバーを被せ、使用できる状態にしました。
しかしこちらもSSh-68へ変更する予定です。


『Battlefiled 1』におけるロシア帝国軍(白軍)の装備も、大体形になっているのですが…
MADサバ7での酷使によってメインウェポンが中破してしまい、頓挫してしまいました。

2017年中だけでも、東京マルイ社のSPAS-12、KTW社のM37フェザーライトと…何かと長物の外装を壊してしまっております。
数年単位で破損しなかったのは、東京マルイ社のAKS-74NとLCT社のAK-74MN位でしょうか。
何故かKSC社のマカロフだけは長持ちしておりますが、内心ドキドキしながら使用しております(^-^;)


もう1点、イタリアの特殊部隊であるGISについて…足を伸ばす可能性が出て参りました。
トップ画像がカラビニエリとなっている理由でもあります。

1つめの理由は「ヘルメットを入手しているため」です。
2つめの理由は「もしRainbow Six: SiegeにGISが登場して、あのヘルメットを被っていたら…装備を作ってもいいよ」等という妄言を友人に言ってしまったからです。

10月のRook装備の相談時から1ヵ月後、新しいDLCがアナウンスされたのですが…見事に墓穴を掘りました。

Superubott/Casco Ubott ヘルメットを着用されていたらアウトですので、今回ばかりは忠実でない装備になって頂きたいものです…!

ゲームとは関係なく、現在はヘルメットやアサルトスーツ、ベスト、グローブ等の入門的な部分の装備品を記事に打ち出しております。
パッチやブーツが難関かもしれませんが、ブログを開設した頃に比べて情報量が格段に増えておりますので、調べもの自体は それ程難しくないかもしれません。
私自身の装備再現が叶わなくても、どなたかにチャレンジして頂けるような土台を作ることができる…かもしれません。
一方でGISという組織そのものに対する考察は…GIGNよりマイナーなのに加え、発信されている情報量も少ないため、難航しております。



ではでは!



タグ :更新情報

同じカテゴリー(◆更新情報)の記事画像
更新情報~その19~
更新情報~その18~
更新情報~その17~
更新情報~その16~
更新情報~その15~
更新情報~その14~
同じカテゴリー(◆更新情報)の記事
 更新情報~その19~ (2018-09-19 23:30)
 更新情報~その18~ (2018-07-22 12:00)
 更新情報~その17~ (2018-06-04 19:40)
 更新情報~その16~ (2018-04-14 14:10)
 更新情報~その15~ (2018-03-20 13:19)
 更新情報~その14~ (2018-02-03 22:30)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。