< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンタ
Flag Counter

2017年05月29日

更新情報~その7~

毎度ながら、お久しぶりで御座います。



5月初頭はGWもあり、多くの方々がサバイバルゲーム等を楽しまれたのではないでしょうか。

私自身は専ら学業やアルバイトの日々で、ちょっとした試験等もあって、休日も勉強や調べものばかりでした。
サバイバルゲームも7月以降はオフシーズンですので(暑すぎます!)秋頃まで参加予定がありません。
代わりにその間、少しずつ軍拡をする予定です。

GIGNでは新しい武器・装備・防具のお披露目が多くなり、最新情報が絶えませんね。
1990~2000年代初期頃に比べ、少し迷走気味に見えるかもしれませんが…(^-^;)

一方で、bttc.さんからバイザー付きヘルメットのレプリカがアナウンスされております。
これまで高価で重い実物か代用品の2択という状態でしたが、国内でも入手できる理想的なレプリカの登場となりそうです!

以下より、更新情報です。



1.更新済みのもの
少しずつ追記しております。

『GIGNの写真まとめ~射撃あれこれ~』
2012年に「歓迎の儀式」を紹介させて頂いた記事ですが、それなりの量の写真を追加して、改めてアップ致しました。
オールドスクールから2014年の催しまで、射撃テストにまつわる写真をピックアップしてあります。
需要があるかは不明ですが、服装や射撃姿勢の考察に役立てて頂ければと思います。

『~Rainbow Six Siege:GIGN 装備の考察~』
FAMASのオプションについて少しだけ追記しました。
またMontagneやRookの装備再現に適したプロテクター(前腕用)を追記しました。
Rookの再現用としてはイマイチですが、Montagneにはピッタリではないかと、個人的に考えております。

『GIGNの訓練~サトリー基地と訓練施設について~』
GIGNの司令部が置かれているヴェルサイユ市のサトリ―基地や、著名な訓練施設・設備について、3つの記事を1つにまとめました。
写真も数点ですが追加しました。

『ベストとボディアーマーについて』
2000年代から使用されているアーマーベスト、タクティカルベストの写真を少しだけ追加しました。

『お手軽フランス国家警察特殊部隊装備・まとめ編』
RAIDやCRS等の私服装備の写真を、少しだけ追加しました。
また『X-810』ゴーグルとバイザー付きヘルメットの併用例についても、少しだけ追記しました。

その他には武器の項にて、P90にサプレッサーが装着されている例や、オマケ的にM4が使用されている例を追加しました。

いずれCZ系を追加することになりそうですが、面倒くさいのでもう少し待とうかなと思います(-"-;)



2.更新予定のもの
GIGN方面については…

MW3のGIGN装備のリニューアルを少しずつ進めております。

前述のbttc.さんのレプリカも購入を検討中なのですが…
私が購入した場合、「現在所持している代用ヘルメットを友人らに譲る」という選択肢もあり…
友人らのみが購入した場合、「私は代用ヘルメットのままになる(MW3のGIGNはバイザーが薄い)」という選択肢もあり…
私と友人らの全員が購入した場合、「代用ヘルメットを単純に放出・売却する」という選択肢もあり…

実のところ「友人がバイザー付きヘルメットのスタイルを再現するかどうか」にかかっております(^-^;)

友人は6月末から映画『RAID Dingue』のRAID装備を始動するとのことでして、フランスLE装備で何かアクションがあれば、レビュー等をするかもしれません。



一方でソ連・ロシア関連の方面については…こちらも少しずつ更新する予定です。

仏露の装備共に、LE方面へ統一して参ります。

昨年から(それも丁度この時期から)いわゆるМВДこと内務省装備へ戻りつつありましたので…あまり大きな変化とは言えないかもしれません(^.^;)

元々、ご厚意でАлтынのレプリカを譲って頂いたことから始まり、連邦軍まで足を伸ばしておりましたが…
先輩が御結婚されたり、友人の親御さんが亡くなったり、自分も渡航を考えたりするものですから…
真剣に「次から次へと散財していられないな」と思い、せめてジャンルを統一して趣味範囲を小さくしようと考えました次第です。

リアリティ溢れる事情ですが、実際そういうものなので仕方ありません(笑)

装備自体は国内軍系ではなく、警察系(特にОМОН等)に絞っていく予定です。
といっても、個人輸入できるもの・放出されて出回るものの範囲内ですので、特に珍しいものは入手しておりません。

友人のフランスLE装備がRAIDやBRI等として実現した場合、仏露のLEで並ぶのも面白いだろうなと目論んでおります(^-^)



ではでは~
  
タグ :更新情報

Posted by Lure at 22:48Comments(0)◆更新情報

2017年05月03日

資料まとめ~海外の書籍~

長らくブログで参考にしておりました、海外の書籍・雑誌の一覧です。



GIGNやフランス国家憲兵隊、フランス国家警察等の特殊部隊に加え、欧州の特殊部隊と…
立ち読み程度のものからフルページに至るまで、色々な書籍がインターネット上で閲覧可能です。

GIGNに関しては、特に2015年以降は公式SNSやニュースサイト等で膨大な量の情報が発信されておりますが…
ブログを立ち上げた前後は中々大変だったので、勝手ながら参考にさせて頂いておりました。
もちろん、最近になって閲覧可能となったものも多々あります。

各雑誌の『タイトル部分』をクリックして頂くと、海外サイトへジャンプして頂けます。

もちろん、私自身は細かい説明文まで翻訳・読解できない身でありますが…
例えば、年月日と場所だけでも把握できれば、追加で検索して別の写真や取材記事を見つけることもできます。
装備の参考や情報収集にご活用頂ければ幸いです。



『Le GIGN En Action』

1998年に刊行された、ハードカバー仕様の書籍です。
1980~1990年代のGIGNについて解説されておりまして、写真も多いです。

私自身が所持している唯一の「GIGNが載っている本」でもありますが、主な写真はGIGN-historiqueのインデックスページで閲覧可能です。
また、国内でもAmazon等から購入可能です。






『RAIDS』


軍事組織からLEまで、色々な写真と多様な情報が掲載されている雑誌です。
リンクページでは立ち読み程度のページ数が閲覧可能で、おそらく国際配送も対応しているかと思います。
もちろん、Amazon USA等でも購入が可能です。

アフガニスタンでのGIGN等の「やや軍事色が強い場合」に関しても、良い情報源となっております。






『Pro Sécurité』


準軍事組織や警察組織の、LE(法務執行機関)の写真や情報が掲載されている雑誌です。
ブログ開設時のNo.99辺りから、長らく参考にさせて頂いておりました。

カタログページには5.11等のメジャーなメーカー・ブランドも載っていたりします。
ボリュームたっぷりですので、単なる暇つぶしにも良いかもしれません。

下記はGIGNが記載されているページの抜粋です。

●No.17(2004年6月号)




●No.49(2007年5月号)




●No.75(2009年10月号)



●No.80(2010年5月号)








『Action Armes & Tir』

主に銃についての情報が掲載されている雑誌で、何と1980年以前から刊行されているようです。
GIGNについて書かれている号もいくつか見られます。

最近になって参考にし始めた書籍なのですが、バックナンバーが多いため、全てを掘り下げきれておりません。

●No.73(1985年2月号)



●No.81(1985年11月号)








今後も色々と追記させて頂くかと思います。
しかしながら、海外とはいえ著作権のこともありますので、公にアップされているもののみ、ご紹介させて頂くことになります。

ではでは~
  

Posted by Lure at 19:04Comments(0)◆GIGN の参考資料