< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
Flag Counter

2012年11月29日

映画『L'Ordre et la Morale』のGIGN装備

1988, Nouvelle-Calédonie

1988年、南太平洋、ニューカレドニア



映画『裏切りの戦場 葬られた誓い』こと『L'Ordre et la Morale(モラルと行動)』。
いつも邦題が微妙なことになっております、フランス映画です。

英語版は『Rebellion(リベリオン)』という題になっているようです。

この映画は1988年に実際に起きた『ウベア島事件』と、それに対する元GIGNの隊長の手記を元に制作されております。



制圧した無抵抗な過激派を暴行・殺害した事実を政府が隠匿したことで、フランスの歴史の汚点とも言われる1988年のウベア島虐殺事件を、「クリムゾン・リバー」「バビロンA.D.」のマチュー・カソビッツが自ら監督、製作、脚本、主演を務めて映画化。
1988年4月22日、フランス領ニューカレドニアのウベア島で起こったカナック族の独立運動に対し、政府は国家憲兵治安部隊(GIGN)のフィリップ・ルゴルジュ大尉を交渉役として派遣する。
ルゴルジュ大尉は平和的な解決策を模索するが、国内では対話路線と強硬派の意見が衝突。
やがてルゴルジュ大尉の尽力もむなしく、政府から攻撃命令が下る。


ハリウッドの様な過度な演出はありませんし、GIGNもお馴染みの対テロ装備ではありませんので、全く話題になりませんでしたが…

GIGN等の武器・装備品について、おおまかにご紹介させて頂きたく思います。





1.登場する武器
まずは映画に登場している武器から見て参りましょう。
今回はGIGNに加え、関連部隊であるEPIGN(国家憲兵隊空挺介入中隊)にも焦点を当てております。

●マニューリンMR73

GIGNのシンボル的な存在、お馴染みのMR73です。

残念ながらトイガンは存在しておりません。

余談ですが、imfdbでは「S&Wと思われる名称不明のリボルバーも登場している」とありました。

しかしながら、こちらはGIGNとは あまり関連性がありません…
GIGNの使用しているリボルバーとしてはS&W M686が挙げられますが、ウベア島事件で実際に使用されていたのかは不明です。


●MAC-50

ややマイナーなフランス軍の拳銃です。
残念ながら、こちらもトイガンは存在しておりません。


●FA-MAS

こちらもお馴染み、FA-MASです。

映画ではジャングルということもあってか、珍しく撃ちまくられておりました。

2015年のパリ同時多発テロ事件でも確認されましたので、GIGNでも長い間使用され続けていることが分かりましたが…
残念ながら、HK416Fへの交代が決まってしまいました。

トイガンとしては、お馴染みの東京マルイの電動ガンが挙げられます。


●SIG SG543

やや珍しい、少し古めのアサルトライフルです。

GIGNではSG550系が使用されておりますので、それの前身といえる存在だったのではないでしょうか。

こちらもトイガンは存在しておりません。


●MP5

お馴染みのMP5です。

映画ではSDモデルが登場しており、いかにも「ジャングルでの特殊部隊」といった感じです。

昨今のカスタムモデルとは異なり、無駄のないスッキリとしたスタイルが印象的ですね。


トイガンは数多く存在しております。


●MAT-49

GIGNも最初期に使用しておりました、フランス軍の短機関銃です。
MP5の登場年代とGIGNの創設年代が若干被っていることもあり、短命だったようです。
残念ながら、現在 入手可能なトイガンはありません…


●ウィンチェスターM1300

ポンプアクション式のショットガンです。

映画ではMR73と合わせて使用されており、実に渋いチョイスとなっております。

しかしながら、現在 入手可能なトイガンはありません…





2.服装とパッチ
映画で使用されている装備品について、順番に見て参りましょう。

●ジャンプスーツ/フライトスーツ (2ジップ)

ウベア島が南太平洋の熱帯地域に位置していることから、介入した部隊の大半が軽装でありました。

1980~1990年代のGIGNでは「2ジップカバーオール」等と呼ばれる、2つのジッパーが特徴的なスーツが見られました。

同型のネイビー色のものが対テロ装備でも着用されており、双方共 国家憲兵隊の他の部隊でも使用されておりましたが、何故か放出品の類が少ないです。


●ジャンプスーツ/フライトスーツ (1ジップ)

上記のスーツと併用されていた、1ジップのシンプルなモデルです。

国内では しばしば「パラトルーパーカバーオール」等という名称で販売されており、入手も比較的 簡単です。

入手自体は難しくないかと思いますが、サイズ選びは大変かもしれません。


●パッチ

年代的には、お馴染みの「オールドスクールなパッチ」となりますが、映画ではベルクロベースが確認できるのみでした。

GIGNだと判別できる要素は無くなってしまいますが、着用されなくても大丈夫かと思います。
なおEPGINは(上記の武器の写真の中でも)パッチの着用が見られます。


●ブーツ

いつもはグローブと共に独立した項目になっておりますが…
映画ではグローブの類が全くと言って良い程 見られないため、こちらに併記させて頂きました。

映画では少ししか映りませんので、あまり確証を得られておりませんが…

フランス軍の『2バックルブーツ』や『アンクルブーツ』等が着用されていたものと思われます。





3.ヘッドギア
GIGN装備では障壁になりがちなヘッドギアですが、今回ばかりは少し楽チン…かと思います。

●F1キャップ/F2キャップ

上記にある複数の画像の通り、実際でも映画でも いわゆる「リザードキャップ」が着用されておりました。

年代的にはF1キャップで、OD色のモデルになるかと思いますが…

映画では ほとんど同型のF2キャップと、そのCE迷彩モデルであろうキャップが確認できます。


●メッシュスカーフ

いかにも「ジャングルでの特殊部隊」らしい、ランボーなスタイルのヘッドギア(?)です。

迷彩パターンは いわゆる「リザード迷彩」と呼ばれるものですね。

後述のヘルメットに比べると、サバイバルゲームでも快適に過ごすことができますが…
防護効果は あまり期待できそうにありません。


●G1 ヘルメット

現行の『G2』の前身となる、国家憲兵隊や国家警察にて使用されていたヘルメットです。

映画ではEPIGNの隊員が主に使用しております。

ウベア島事件時のGIGNでは、後述のSuperubott/Casco Ubottヘルメットの方を着用しておりました。
しかしながら、同年代の機動憲兵隊との訓練を収めた写真では、GIGNも着用されていたようです。


●Superubott/Casco Ubott

実際のウベア島事件でGIGNが着用していたとされる、バイザー付きヘルメットです。
映画には登場しておりませんので、詳細は割愛させて頂きます。





4.ベスト・ウェビング
映画ではボディアーマーの類が非常に少なく、どれも身軽で通気性の良い装備になっております。

●名称不明のボディアーマー

非常にシンプルなデザインのボディアーマーです。
同じ写真が続いてしまい申し訳ありません…

1970~1980年代から見られるボディアーマーで、ソ連軍の6B2のように全体的に「のっぺり」しており、ポーチ類も備えておりません。

映画ではGIGNではなくEPIGNが着用しているようです。


●名称不明のベスト

映画『L' Assaut』でもお馴染みのベストですね。
代用品さえ希少となりつつある、入手が難しいベストです。


●LBV(Load Bearing Vest)

米軍装備でお馴染みのロードベアリングベストです。

映画では存在感が薄めですが、少数ながら登場しております。


●FAMAS ウェビング

お馴染みのフランス軍のウェビング/ハーネスです。
映画でのGIGN装備のみならず、フランス軍装備としても活用しやすい装備かと思います。
国内外で『F1』や『FAMAS ベルト(Ceinturon FAMAS)』等と呼ばれておりますが、これが正式名称なのかは不明です。


●国家憲兵隊・国家警察 レザーベルト

フランス国家憲兵隊や国家警察でお馴染みの、LEらしいレザーベルトです。
ベルトをベースに、ホルスターやポーチが取り付けられておりますね。
オールドスクールならではの装備ですが、国内でも入手可能な、数少ない装備品です。





5.おわりに
さてさて、普段とは少し違うGIGN装備を簡単に ご紹介させて頂きましたが…如何でしたでしょうか。

いつものガチガチ・タクティカルな対テロ装備スタイルしか能がない、というわけではなく…
他国の特殊部隊と同様に、GIGNも色々なスタイルで任務に従事しております。

対テロ装備も格好良いですが、夏場のサバイバルゲームには向いておりませんし、体力的にバテてしまう方も多くいらっしゃいます。
実際、私自身は7~9月の間にGIGN装備を着込むことは皆無です(笑)

しかしながら、映画『L'Ordre et la Morale』と その背景となった『ウベア島事件』でのGIGN装備は…
サバイバルゲームという観点からも、目を見張るものがあります。

「春夏でもGIGN装備でありたい!」「サバイバルゲームでアグレッシブに動きたい!」という方々には、とてもオススメかと思います。

ではでは~

  

Posted by Lure at 22:17Comments(0)◆GIGN と映画

2012年05月22日

映画『L' Assaut』のGIGN装備

― Lundi 26 Decembre 1994, Aeroport de Marignane. ―

― マルセイユ=マリニャーヌ空港 ―
― 1994年12月26日 17時15分 機内突入。―



 

映画『フランス特殊部隊GIGN』こと『L' Assaut』。
2010年に劇場公開され、世界各国でのGIGN知名度向上に繋がりました。



この映画は1994年に実際に起きた『エールフランス8969便 ハイジャック事件』を、ほぼノンフィクションで描いています。

ハイジャックしたのは、アルジェリアのイスラム武装集団GIA所属とされる4名です。
乗客220名とエールフランス乗務員12名が人質となり、うち3名が犯人に殺害されました。
フランス政府は交渉による事件解決を目指しましたが、その裏では既にGIGNが動き出しており、突入訓練を行っておりました。

ハイジャックから2日後の26日、世界中の人々が中継を通して見守る中、GIGNが機内に突入しました。

約20分にわたる激しい銃撃戦の末、無事に人質を解放し、犯人4名全員を射殺しました。
この銃撃戦で乗客・乗務員16名が負傷しましたが、いずれも軽傷でした。
一方GIGNは9名の負傷者を出し、1人は重傷を負われました。

この銃撃戦時のGIGNと乗客、犯人の動きについて、とても見やすく まとめられた動画をご紹介させて頂きます。



この事件が無事解決したことは、当時では非常に衝撃的なものだったとのことです。

映画では、この時 機内で繰り広げられた一連の銃撃戦を、短時間ではあるものの、ハリウッドのような過度な演出もなく、あくまでも“リアルに”描写されております。

GIGN隊員達の訓練の様子等も登場しており、実際のGIGN隊員達が実際の武器・装備品を身につけ、当時の作戦資料・証言を元にし、映画制作に携わっています

そんな映画『L' Assaut』でのGIGNの装備と武器について、少しご紹介させてさせて頂きたく思います。
それでは見ていきましょう!





1.登場する武器
まず映画に登場している武器を見て参りましょう。

●マニューリンMR73

マニューリン MR73はGIGNのシンボル的な武器です。

当時実際に使用されたことで、一躍有名となりました。



リボルバーは装弾数が少ないものの、「接近戦では数発で決着がつく」という思想上では あまり関係がありません。
またGIGNでは「数発で決着をつける」という思想もあったようです。
年間数百万発もの弾を使って射撃訓練を行い、射撃の腕を叩き上げていることがよく分かります。
標的を仕留めることも大事ですが、人質がいる中では誤射にも注意しなくてはなりませんので、他の特殊部隊のように「ダブルタップ」を行うことも少なかったそうです。

その他、MR73の高い命中精度や.357マグナム弾の高い威力、作動不良・排莢不良の少なさ等、当時「1ショット1キル」を求めていたGIGNには最適だったともいえます。
現在は専らオート拳銃を使用されておりますので、MR73を構えるGIGNの姿は過去のものとなってしまいました…

映画では射撃訓練や突入前後と、終始登場しています。

現時点ではトイガンが存在しないため、サバイバルゲーム等で再現することはできません。
それでも「リボルバーを使用したい!」という方は、GIGNでの使用例が明記されている『S&W M686』で代用されると良いでしょう(^^)


●SIG Sauer P228

シグことSIG SauerのP228です。

先日コメントを頂きました通り、アームズマガジンのGIGNの記事にも登場しておりました。

映画では、MR73を撃ち尽くした隊員がショルダーからP228を抜き、応戦する姿が描かれております。

P228はP226と並んで使用率が高い銃でありましたが、現在はGlock等へ更新されつつあるようです。

トイガンはタナカからガスブローバックガンが、東京マルイからエアコッキングガンが発売されております。
タナカのものはガス漏れが多いそうで、精度もイマイチですが、雰囲気や質感は抜群だそうです。
マルイのものは精度が非常に良好ですが、質感が劣るのはもちろん、エアコッキングのため火力が低いです。
季節に合わせて両方持つ…という贅沢な運用も良いでしょう(^^)


●Glock 17

グロック17は、P228やP226と並んで使用率の高い銃です。

映画では冒頭のシーンで登場していますが、飛行機内でのシーンでも登場しております。

ただP228が使用されているシーンの方が印象深いため、ちょっとばかり影が薄いかもしれません。

トイガンでは、様々なメーカーからガスブローバックガン、エアコッキングガンの両方が発売されています。
やはりKSC製や東京マルイ製が有力なのではないでしょうか。


●MP5
種類が多いため、各種見て参りたいと思います。

①K(Kurz、クルツ)モデル

冒頭のみに登場するモデルです。
実際のGIGNでは極少数のMP5Kが運用されておりましたが、現在は ほとんど見られません。

②ノーマル モデル

作中で最もシンプルといえるMP5です。
ハンドガード下部にライトもしくはレーザーサイトが固定されているだけで、無駄のないスッキリとしたスタイルです。

③ライトハンドガード モデル

いわゆるSurefireの「ライト付きハンドガード」が装備されているモデルです。
ハイマウントベースには、ドットサイトではなくレーザーサイトが装着されております。
詳細は不明ですが、作中ではレーザーサイトで索敵する様子が描かれておりますので、実際にそういった形で使用されていたものと思われます。

④RASモデル、レイルハンドガードモデル

RASを装着したMP5です。
右側にライトが付いておりますが、光学照準器は装着されていないようです。

⑤不明なハンドガード モデル

GIGNで長らく使用されている、正体不明のハンドガードです。
ポスターのトップも飾っており、様々なGIGNの写真で使用例が見られますが…メーカー名も不明のままです。
レイルシステムに対応している訳でもなく、GIGN以外に使用例も見られません。

さてトイガンですが、MP5自体は色々なメーカーから販売されていますので、割愛させて頂きます。
初心者の方には、東京マルイ製の「MP5-J」がフランス仕様の「MP5-F」に近いため、オススメかと思います。

オプションとしては、ライト付きハンドガード、RAS、レイルハンドガード共にレプリカが多数 存在しております。
マウントはハイマウントを装着されると良いでしょう。
最も安価で済ませられるのは、上記の内では「ノーマルモデル」かと思われます。
映画でGIGNに興味を持ち、少し古めのGIGN装備をやってみたい、という方にはオススメです(^-^)


●FR F1

FR F1は、第二次世界大戦時に使われていたMAS36小銃を狙撃用に改良したものです。

映画では狙撃班が使用しております。

コックピットの犯人を補足し、1発で無力化したシーンが印象的ですね。
GIGNの隊員は、全員が狙撃手を担当できることで有名となっております。

トイガンですが、残念ながら存在しておりません…


●モスバーグ M590

映画で少しだけ登場するショットガンです。
トイガンではM500が存在しております。
マルシンのガスショットガンや、海外製のエアコッキングガンが挙げられますが、精度はイマイチのようです。





2.服装とパッチ
映画で使用されている装備品について、順番に見て参りましょう。

●アサルトスーツ

詳細は「服装」の項目でご紹介させて頂いておりますが、映画でも専用のアサルトスーツが着用されております。
放出品は極めて数が少なく、サイズの問題もあり、加えて高価になりがちです。
今では民製品も見られるようになりましたが、個人輸入の手間等、相変わらず難しい状態です。

国内で安価に揃える場合は、ネイビーブルーのBDUやツナギで代用する他ありません。

映画では、飛行機内に突入するシーンにて革ベルトの着用が確認できるシーンがあります。

こちらの隊員は「上下分割型の服」もしくは「ベルトループ付きのアサルトスーツ」を着用しているようです。
前者は各国のSWAT等、後者はイギリス警察のアサルトスーツで使用例が見られます。


●ジャンプスーツ/フライトスーツ

こちらも「服装」の項目でご紹介させて頂いておりますが、映画ではサトリー基地内でのシーンで着用されております。
国内では しばしば「パラトルーパーカバーオール」等という名称で販売されており、入手も比較的 簡単です。
GIGNが登場する もう一つの映画、『L'Ordre et la Morale』での装備等、色々と併用できて便利な服でもあります。


●パッチ

映画で装着されているパッチは、いわゆる「旧型」のモデルです。
今現在は、国内でもデポリュテスさんやヤフオク等で購入できます。
公開当時はebay等で少数が出回っていただけですので、ここ数年で入手難易度がグッと下がっております(^-^)





3.ヘッドギア
映画のGIGN装備を再現するにあたり、最大の難関となっております。

●RBR 『F5』 バイザー付きヘルメット

GIGN装備の王道とされる、オールドスクールなバイザー付きヘルメットです。

映画でもMR73と並んで印象的な装備となっておりますね。

その知名度とは裏腹に、レプリカは もちろん実物すら滅多に見られない、とても希少なヘルメットとなっております。


●MSA 『KFS V2』

2000年代以降から使用されている、今ではお馴染みのバイザー付きヘルメットです。

映画では極々少数が登場しておりますが、機内での訓練シーン以外では、明確に確認できるシーンが少ないです。

他方、国内外でレプリカが存在しており、かつ実物の放出も見られますので、GIGN装備としても入手しやすいヘルメットとなっております。
いや~良い時代になりましたね!


●バラクラバ

バラクラバにつきましては、映画では1ホール(目だけ)と2ホール(両目)、3ホール(目と口)が使用されております。
これは息のしやすさ、着用感等で個人差がありますので、任意で選ばれると良いでしょう。





4.ベスト
こちらも詳細は「ベスト」の項でご紹介させて頂いておりますので、そちらも合わせてご覧下さい。

●名称不明のベスト

映画で一番多く見られる、「背中の中心にストラップがある」タイプのベストです。
米軍で使用されていた『ABA Seal 2000』等と呼ばれるベストと、非常に良く似ております。

再度登場、冒頭のシーンです。

2つボタンの胸ポケット、背面のストラップがよく分かりますね。


●TAC系 ベスト

色々な特殊部隊で使用されている、有名なベストです。
両脇のサイズ調整はドローコード式となっておりますので、Eagle等のオールドスクールなモデルが最もオススメかと思います。


●Arktis/Mil-Tec/Web-Tex ベスト

一番左の隊員が着用しております。
実際のGIGNでも少数の着用例が見られますが、その大半は肩のストラップが3本のモデルとなっております。
現在 数多く出回っているベストは、1本ないし2本であることが多く、年々入手難易度が上がっているようです。





5.グローブとブーツ
グローブは とても簡単ですが、ブーツは中々難しいです。

●SWAT グローブ

国内でも入手が簡単な、お馴染みのフィンガーレスグローブです。
GIGNを含む様々な国の特殊部隊で使用されておりますので、一組あれば便利かと思います。


●GK-Pro 『Ground Speed Field Twin Zip』 ブーツ

フランスのGK-Proのタクティカルブーツです。

元々 足元が映るシーン自体が少ないため、ソール裏まで確認できるのは こちらのモデルくらいかと思われます。


●Meindl 『Attack』 ブーツ

ドイツの登山用ブーツで有名なメーカー、Meindlのブーツです。

こちらも映画では一瞬しか映りませんが、つま先の形状や靴紐を通す部分等が確認できます。





6.その他
最後に その他の小物類についてです…が、物品自体は とても少ないかと思います。

●ホルスター

映画では革製が多くみられますが、ナイロン製のものも少数が使用されているかと思います。

各隊員全員が装着しているわけではなく、作中では「ずっとマニューリンのみ」の勇士がいる程、武器を取り替えるシーンがありません。
同様に、ガスマスクバッグやレッグポーチ、ダンプポーチといった類いも、あまり装着されていません。
足回りが寂しいと感じられる方は、装着されても良いかと思いますが…必要ないかもしれません。


●ピンタイプ ヘッドセット

映画では、2名の隊員が寝転んだ状態で銃撃線を展開する際、狙撃班へ指示を伝えるシーンがあります。

PTTスイッチらしき装置が見られないため、おそらくはSPやVIP警護等で使用される「ピンタイプ」と呼ばれる通信装置かと思われます。

残念ながら、どういったメーカーの物品を使用しているのかは判別できておりません…


●TN2-1

冒頭のシーンで使用されております、いわゆる暗視ゴーグル(ナイトヴィジョン)です。
「なんでコイツだけ装備してんねん!」と、関西人らしいツッコミを入れたいところです。

こちらは実際のGIGNでの着用例です。

海外サイトによりますと、約100mの範囲を暗視することができるとのことです。
動力は意外なことに乾電池を使用するようで、20~40時間前後まで作動可能とのことです。





7.おわりに
さてさて、長々と書かせて頂きましたが…お楽しみ頂けたでしょうか。

こちらの記事を書いたのは2012年5月と、もう随分と前になってしまいました。
私自身にとっては「初めてGIGNを知り、調べ、ブログ始めるキッカケとなった映画」でして、誠に勝手ながら名作だと思っております(#^_^#)

しかしながら、装備品の入手難易度が高過ぎることや、ゲーム等での知名度や人気の方が高いことから、映画『L' Assaut』は日陰の存在となってしまっております。

当ブログの記事を書き、また改訂するにあたって、毎度ながら「コマ送り」をしているのですが…

特別な視覚効果がないにも関わらず…芸術的ともいえるような、魅力溢れるコマが沢山 盛り込まれております!

何故GIGNが著名な特殊部隊となったのか、その源となった事件について、色々な方に映画で知って頂きたいと思います(^-^)

ではでは~



  

Posted by Lure at 23:23Comments(4)◆GIGN と映画