< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
Flag Counter

2018年04月07日

Ура!:SN-42 レプリカのレビュー

Наконец я купил !
今回は当ブログとしては珍しい、レビュー記事です。



SN-42(СН-42、Стальной Нагрудник-42)は、ソヴィエト赤軍が第二次世界大戦で使用していたボディアーマー(というより鎧)です。
お馴染みのWikipediaでも簡単な説明がされております。

約3年程前にレプリカを発見して以来、ずっと購入を見送っておりましたが…遂に導入する運びとなりました。



今回はポーランドのNestofのレプリカをレビューしつつ…
写真のみではありますが、ロシアのЗемлянкаのレプリカとの比較も、最後に少しだけ書かせて頂いております。

一部の写真はWarbook.infoより拝借させて頂いております。

また、Warspot.ruにて掲載されている『Стальная броня для красноармейца(赤軍兵士のための鋼鉄の鎧)』なる複数の記事から…
『массовый СН-42 и его конкуренты(多数のSN-42とその競合品)』
『закат эпохи нагрудников(鎧の時代の衰退)』
…を中心に、実物との関係を少しだけ見て参りたいと思います。

記事には、防弾性能を含む色々な点について、当時の試行錯誤や問題点が書かれております。

例えば『стальной нагрудник』は、今回は「鎧」とさせて頂いておりますが、直訳では「鋼鉄の胸当て」という意味になります。
Warspot.ruの記事②では…
Под огнем противника саперы действуют большей частью лежа или переползая, следовательно, они нуждаются в защите спины.
(敵の砲火の下では、兵士は ほとんどの場合 伏せているか匍匐しているため、背中を保護する必要がある。)

…と、実に「胸当て」らしい問題点もあったようです。

非常に興味深いのですが、文章ばかりになってしまいますので…
今回のレビューでは防弾性能等を全て割愛させて頂き、極一部のみ抜粋させて頂いております。

その他の記事にも、SN-42の仲間ともいえるPZ-ZIF-20や、SN-46なる改良型までの軌跡も書かれております。
興味をお持ちの方は是非、合わせてご覧頂ければと思います。

一方で…恥ずかしながら、私の知識では記事の信憑性について明言することはできません。
あくまで一つの資料として、ご覧頂ければと思います。

なおNestofのSN-42の商品ページでは、これらの写真が掲載されておりますが…


実際に到着したレプリカは、フックの形状やストラップの仕様等、異なる点が多いです。
順番に見て参りましょう。



前面と背面です。

鉄部分はスチール製で、布部分はコットン製と思われます。
布部分の内部にはクッション材が入っております。
首回りの中身は綿と思われますが…体に接する部分は 曲げると「ワシャワシャ」というような独特の音がするため、スポンジの類と思われます。
Nestofのページでは、重量は3~4kg程とのことでした。

前面の細部です。

ご覧の通り、腹部辺りで上部と下部の2つに分割されております。

この分割のお陰で、体を屈めることが容易になっております。

6Б23-1等のプレート配置に通じる、ソ連・ロシアならではといえる点かもしれませんね(#^_^#)

全体的な仕上げは、非常に粗く感じられます。

塗料が溜まっている部分や、塗料が落ちている部分、既に錆が出ている部分に加え…

首のクッション部分には、赤い塗料が付着しております。

幸か不幸か、私は終末装備での利用も考えております(ウェザリング・エイジング前提でした)ので、ほぼ気にならないのですが…
「綺麗なレプリカ」を期待される方には、一定のリスクが伴うかと思います。

背面の細部です。

上部と下部は「2本のストラップで吊り下げる」という方式で繋がっております。
ストラップはコットン製ですが、「無理な力がかかれば ちぎれてしまうのでは…」と思えるような、少々心もとない感じです。

Warspot.ruの記事②では…
Полотняные лямки, прикрепляющие нижнюю часть, слабы.
(下部を付けるリネンストラップは脆い。)
Имеют место случаи отрыва и потери нижней части.
(下部が分離脱落したり、紛失する場合がある。)

…とありましたので、少々無理があるのかもしれません。

上部の胸辺りと、下部の一番上(正面からは見えない、上部と重なっている部分)には蝶番が備わっております。

これらを繋ぐと自立させることができるようになり、少しコンパクトにもなります。
ストラップが汚れているのは元からです。

この蝶番の部品も、いくつかバリエーションがあるようです。


Nestof社のレプリカも「実物からコピーしている」とありましたので、画像の下側の個体と同じように作られたのでは、と考えております。

自立状態です。


蝶番が少し緩めなため、鎧の正面へ向かって強く押すと、流石に倒れてしまいます。

Warspot.ruの記事①では…


自立状態を利用した伏射姿勢の写真や、盾として利用している写真等が見られます。

レプリカで実際に試してみましたものの…
SN-42を自立させての伏射は、サバイバルゲームでも実戦でも、不整地の場合は実用的でないと思います(おそらくSN-42が倒れてしまいます)。
セーフティでの休憩時や、自室での保管時は便利かと思います。
盾としての利用は、上下を繋ぐストラップ部分が輪っか状になっているため、そこに腕を通すことができます。
もちろん、サバイバルゲームでは何の意味もありません(ヒット扱いです)。

着用感としましては、体格の個人差もありますので、あくまでも私的な感想ですが…
・重量が最大でも4kg以下で、やや軽い
・背面がストラップのみのため、開放的である
・BB弾等の着弾が非常に分かり易い
…といったように、見た目程 悪くありません。

良く言えば「開放的」、悪く言えば「ゴソゴソする」「体に密着・フィットしない」という感じなのですが…
これは、SN-42が「銃弾を受ける前提で制作されているため」かもしれません。

Warspot.ruの記事①では…
Плотного прилегания к телу быть не должно.
(体にしっかりと密着させてはいけない。)

…とあり、ボディアーマー特有の「着弾時の衝撃」を念頭に置いているものと思われます。

また、実際にBB弾で射撃して頂いた際に思い浮かんだ点として、「跳弾」が挙げられます。

第二次大戦時の戦車では、いわゆる「ショットトラップ」という問題があったようですが…
SN-42の首回りの形状も、銃弾や破片が顎へ跳弾しないように…と考慮されているのかもしれません。

一方で…全く問題なし、というわけでもありません。

本来は右肩に繋ぐストラップが存在するのですが、Nestofのレプリカには付属しておりません。

Warspot.ruの記事①では…
Лямка правого плеча легко соскальзывает с поясной лямки и теряется.
(右肩のストラップが、腰のストラップから簡単に外れて失われてしまう。)
Из 30 нагрудников, использованных в полевых испытаниях, у 26 лямки были потеряны;
(野外での試験にて使用された30のうち、26のストラップが失われた。)

…とあり…
В финальной конструкции были максимально учтены пожелания войск.
(最終的に、これらの品々は軍の要望が可能な限り考慮された。)

…として、色々と改良されていたようですが、記事②(1943~1944年)では…
3. Крепление нагрудника к туловищу устроено неудобно, качество лямок и крючков низкое.
(鎧を体に装着するのは不便で、ストラップやフックの品質は低い。)

…とあり…結局のところ、着用感やストラップの脱落・紛失は問題であり続けたようです。

改良の有無に関わらず、ストラップを紛失した兵士は何らかの修繕をした可能性もありますが、もちろん これは憶測に過ぎません。

少なくとも、博物館等における実物(または実物とされているもの)には、ストラップの有無や種類にバラつきがあるようです。

ストラップ1つにレビューの文章を割いてしまっておりますが…それだけ厄介なのです。

レプリカの方は、右肩のストラップが無くても着用自体は可能でして、この場合は左肩と腰で保持することになります。

ただ、布部分のクッション材が写真の赤線辺りまでしか入っていないため…
テログレイカ(Телогре́йка、中綿入りの防寒着)等の類を着用しない限り、左肩に鉄板が食い込むという鬼のような仕様になっております。
野戦服の場合は、目立たないよう服の下に肩当てを導入する必要があるかもしれません。
今回のレプリカで唯一、個人的に残念な点でした(-"-;)



最後に、Землянкаのレプリカと少し比較させて頂きたいと思います。

Nestofのレプリカと異なる点を、順番に見て参りましょう。

1点目は、ストラップです。

Nestofのレプリカにはない、右肩のストラップが備わっておりますね。
ストラップ全体には波線状に、また横向きのストラップを通す箇所もX状に縫われております。

2点目は、布部分の厚みと面積です。

Nestofのレプリカに比べ厚みがあり、多少は着用感が良いと思われます。
下記にある肩部分も分厚いため、先述のような「肩への負担の対策」も不要と思われます。

3点目は、布部分を本体に留める金具です。

Nestofのレプリカはボルト留めでしたが、こちらは2又に折れて留める「鋲」のようなものとなっております。





ということで…長々とお送り致しましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。

今回のSN-42のレプリカは…終末装備と、『Rainbow Six Siege』におけるFuzeのElite SKin風装備にて利用する予定です。

この間に、本命の(?)第二次世界大戦時のソヴィエト赤軍の装備について、 少しずつ知識を蓄えることができれば…と目論んでおります。

残念ながら現時点では、リエナクトのように しっかりと考証に基づいて装備を組むのは、私には まだまだ早いです。

例えば、兵科色等の存在は ほんの少しだけ存じておりますが…
「SN-42を着用している方は、そもそも歩兵なのか、工兵なのか」
「アメーバ迷彩の下に着ているであろう野戦服については、襟章または肩章の兵科色は何色なのか」
…等といったように、全く知らないことだらけです。

このような状態で再現を試みたとしても、著名なFPSである『Call of Duty:WW2』の装備…等の域を出ないかと思います。

念願のSN-42を腐らせてしまわないよう、特に力を入れていきたいです。

ではでは!
  

Posted by Lure at 21:30Comments(0)Нагрудник

2015年05月10日

Ура!:SN-42を探して

久々にWW2ソ連関連のお話です。

実はこの1~2年、完全に放置していたわけではなく…
ずっとSN-42を探しておりました。



SN-42(СН-42)とは、第二次世界大戦でソ連軍が使用していたボディアーマーです。
材質・形状共に、ボディアーマーというよりは鎧に近いです。
Wikipediaにも簡単な解説がされておりますので、疑問に思われた方はコチラからお読みください。

それなりに有名な存在ですが、国内では全く需要がありません。

しかし海外でのリエナクターさんは、それなりの人数で身に着けていらっしゃいますので…
「レプリカが存在しているのでは」と、ずっと考えておりました。

中には自作されている強者な方もいらっしゃいますが…

仮に私が自作するとしても、ライオンボード的な何かになるでしょうね(笑)

一応なりと探しましたところ、レプリカと実物の双方を発見するに至りました。
まだまだ不十分な情報ではありますが、ご紹介させて頂きたく思います。



1.レプリカ
サバイバルゲームやヒストリカルイベントで利用できそうなレプリカ自体は、いくつか種類があるようですが…量的にはあまり見つけられておりません。

★Nestof レプリカ

eBay上で購入が可能で、価格も送料無料で約3万円と…日本で個人輸入される方には最もお手軽なレプリカです。
Nestofというお店については、eBay上での発送元はドイツとなっていることもありますが…
お店自体はポーランドにあるようで、ショップ自体のページもポーランド語だったりします。
こちらの記事を書いた2015年5月以前から販売されており、一時期は品切れになっておりましたが、翌年2016年の同時期には再入荷されておりました。
故に、ヨーロッパでは安定した供給源なのかもしれません。

★Землянка レプリカ

Землянка(Zemlyanka、ゼムリャンカ)は、ロシアのヴォロネジにあるお店で、2008年から開店されているようです。
価格は19,900₽、日本円で約3万7千~4万円以下です。
上記のNestofのレプリカとは一部の金具が全く異なるため、別物のレプリカと思われます。

★Bramit.ru レプリカ

Bramit.ruは、モスクワのパヴェレツカヤにあるお店で、実銃や狩猟用品等も販売されているようです。
価格は何と7,500₽で、日本円で約1万5千円以下です。
Paypalに対応されているようですので、日本への発送に対応している場合は、最も安価なレプリカとなり得ます。
一方でロシア語表記のみですので、少しだけ語学力が必要になるかもしれません。
上記のЗемлянкаのレプリカと同じ様な金具やベルトが確認できますが、全く同一の品であるのかは不明です。

★Peelu.cz レプリカ

チェコのお店ですが、残念ながら私自身 チェコ語を全く存じませんので、お店の位置等の詳細は不明です。
価格は6,650Kčですが…こちらも全く分かりません(笑)
ユーロでは約€275以下、アメリカドルでは約$335以下ですので、日本円で約3万8千円以下といったところでしょうか。

なお、お店のページではPZ-ZIF-20(ПЗ-ЗИФ-20)のレプリカも確認できます。

SN-42が登場するまでに使用されていたモデルです。
PZ-ZIF-20は しばしばSN-38と呼ばれておりまして、私自身も資料を目にするまで そう思っておりましたが、全く別のモデルでした。
価格は5,540Kčで…やっぱり分かりません(笑)
ユーロで約€230以下、アメリカドルで約$280以下、日本円で約3万2千円以下といったところでしょうか。

★Военный коллекционер レプリカ(現在は販売休止)

ロシアのサンクトペテルブルグにあるお店で、2003年から開店されているようです。
お店の名前は、英訳すると「Military Collection」という感じでしょうか…まんまですね。
2015年5月時点では、画像のSN-42が約10,500₽(日本円で約2万円)で販売されておりましたが、サイトがリニューアルされてからは消滅してしまいました。
一部の商品の販売は継続されているようで、カテゴリ欄も「項目は存在するが商品が何もない」という状態が多いため…
もしかすると、移行作業が遅れているだけなのかもしれません。

こちらは上記でも少しだけ登場しました、PZ-ZIF-20のレプリカです。

画像はイメージですが、過去にドイツの方から出品されていたことがありました。
価格は約6~9万円程度だったような…そんな覚えがありますが、記憶が怪しいです(^-^;)



2.実物
次に実物ですが、古いものの中には「実物と説明されているだけの品」が少なからず存在するようで、私の知識ではこの辺りを判別することはできません。
ですので、あくまでも参考程度にご覧頂ければと思います。

★よく見られるもの

画像は一例です。
eBay等をはじめ、オークションサイトで見かける代表的な物品は、大抵の場合 錆び錆びの状態です。
酷い場合は穴が開いていることもあります(^.^;)
倉庫や収蔵庫で眠っているのか、地面から掘り出されているのか…その辺りは分りません。
ただ、上記のレプリカ類はこういったものから制作されているようです。

★Frontvik Militaria での例(現在は品切れ)

アメリカのコレクターさんによる販売例です。
過去に約$1100(日本円で約12万円)で放出されておりましたが、いつの間にか売れてしまったようです。
画像の通り、明らかに腹部に穴が開いている個体でした。

★Славная эпоха での例

ロシアのアンティークショップでの、PZ-ZIF-20の販売例です。
価格は約25,000₽(日本円で約4万9千円)と、安いのか高いのか微妙な感じです。

★その他の例

画像のPZ-ZIF-20は、過去にスロバキアの方から出品されていたものです。
SN-42やPZ-ZIF-20は、体に接する面にコットン製のクッション素材が備わっているのですが…
こちらの例ではクッション材のみがレプリカとなっており、鉄製の部分は実物をレストアしたものという…セミスクラッチ品のようなものでした。
価格は$500(日本円で約5万7千円)と、丁度レプリカと実物の間のような価格だったようです。

SN-42の防弾性能はあまり良いものではありませんでしたが、当時の短機関銃 相手であれば ある程度の防護力を発揮したようです。

もちろんプロパガンダかもしれませんが、事実なのであれば凄いですね。

実物は錆や穴、破損、汚れ、憑き物等々…色々と大変そうです。
博物館等を除いて、きっと生涯お目にかかれることはないでしょう(._.)



3.SN-42の仲間たち
しばしばゲーム等で登場するSN-42ですが、他にも色々な鎧が存在しておりました。
★マークの欄 をクリックして頂くと、ソースのページをご覧頂けます。

★ロシア帝国時代

Чемерзиным(チェメルジン?)中佐が開発したとされる鎧です。
1905~1907年に いくつかの実射・防弾テストを行い、1908年2月には«Новое время(ノーヴァヤ ヴレーミャ)»という新聞でも報じられた、とのことです。
ロシア革命より10年も前の お話しですので、後のSNシリーズと関係があるのかは全くもって不明ですが、帝政時代の鎧の一つということで ご紹介させて頂きました。

★1938年以前

画像は、ヴェインブラート技師の胸甲(Броневой нагрудник И. М. Вейнблата)と呼ばれる鎧の1つです。
1930年代、ソヴィエト赤軍向けに色々な鎧が考案・開発されていたとのことで、同モデルは当時 最も注目されたそうです。

★SN-38(СН-38)

SNシリーズの初期のモデルです。
3つの鉄板から構成されるスタイルとなっておりますが、これが後述のPZ-ZIF-20と混同された原因なのかもしれません。

★SN-39(СН-39)

SN-42に見られる、2つの鉄板から構成されるスタイルを確立したモデルです。
一説には冬戦争にて実戦投入され、その多くは戦闘で失われたとありますが、真相は不明です。

★SN-40A(СН-40А)

SN-42の直前にあたるモデルです。
SN-42との違いは右肩のストラップくらいしか見られません。

★SN-46(СН-46)

大祖国戦争後に登場した、おそらくSNシリーズ最後のモデルです。
それまでの欠点・難点を考慮して開発されたようですが、残念ながら陽の目を浴びることはなかったようです。

★PZ-ZIF-20(ПЗ-ЗИФ-20)

レニングラード包囲戦中に生まれたとされる、SNシリーズとは全く異なるモデルです。
5つの鉄板がベスト状の上着に縫い付けられている、独特のスタイルとなっております。
ロシア本国のリエナクターの方々でも、「SN-38」と呼ばれることが非常に多いのですが、残念ながら これは間違いのようでして、私自身も長らく存じておりませんでした。
これは同モデルの情報が極端に少ないから…とのことで、開発者は不明な他、登場した年代も1943年初め頃ではないかと、今現在も調査・研究されているようです。
最も差し支えのない呼称としては「Leningrad pattern」等が挙げられますが、このまま普及していくかは不明です。





結論として、ヨーロッパでレプリカが存在しているのは確実である、ということが分かりました。
しかしながら、日本国内向けとしてはNestofのレプリカ一択と言えなくもない状態ですので、タイミングを逃すと入手困難になるかと思われます。
既に「ロット」がいくつか確認されておりますので、入手される時期によってはレプリカの仕様も異なってくるかもしれません。

私自身も、内務省装備でのアメーバ迷彩の併用を念頭に、真剣に購入を考えておりましたが…

未だに購入せず、という状態です。

3年も経って遂に決心し、購入に至ってしまいました。
装備の汎用性は非常に低いですが、グッとくる何かを感じた方には、購入して頂いても損はないかと思います(^-^)

ではでは~

  

Posted by Lure at 21:52Comments(0)Нагрудник