< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
Flag Counter

2012年04月04日

パッチについて

今回はパッチについてです。
たったのパッチ1枚だけですが、GIGN装備を考える上ではとても重要なものだと思っております。



GIGNのパッチは数種類存在していますが、中々流通していません。
米軍の部隊パッチは石を投げれば当たるくらい、むしろ向こうから飛んできそうなくらい目にしますが、GIGNは中々お目にかかれません。

GIGNでは、少なくとも3つのデザインのインシグニアパッチが使用されておりました。

左から、1974年創設当時のデザイン、1980年前後に登場したデザイン、そして2007年頃に登場したデザインです。
最近はPVCパッチ等の新しい種類も確認されております。





1.初代パッチ
一番初めに使用されていたパッチです。


未だに実物・レプリカ共に出回っているのを見たことがありません。





2.オールドスクールなパッチ
映画でも登場しておりました、オールドスクールなパッチです。

ブログを開設したのは2012年でありますが、開設にあたって画像等を探し始めた時は、こちらのパッチの割合が多かったです。
今では激減してしまいましたので、少し残念です。

フルカラーでシンボルマークを囲むように「Groupement D'Intervention Gendarmerie Nationale」の文字が縫われています。
フランス語で長ったらしい故に、ご存知でない方には「どこの部隊?」「これ何?」と言われてしまいます。

こちらはネイビーブルー版です。

アサルトスーツに縫い付けることが前提の色調です。
色調が抑えられ単色になっています。

こちらはOD版です。

使用例は上記の2つよりも遥かに少ないですが、CE迷彩との組み合わせは中々のものです。





3.現行のパッチ
次に「GIGN」の文字が入ったタイプです。

今では一番有名なデザインとなってしまったのではないでしょうか。
上の旧デザインと違って「GIGNだ!」と一発で分かるデザインです。

こちらはネイビーブルー版です。

どことなくシックですね。

こちらはOD版です。

CE迷彩等の迷彩衣料に合わせてデザインされたものです。

最後にタンカラー版です。

言うまでもなく、砂漠迷彩に合わせてデザインされております。





4.リフレクターパッチ
アメリカの「SWAT」や「FBI」等で見られる、大きな文字が入っているパッチです。

これといった特徴がないためか、インシグニアパッチよりも注目を浴びないパッチです。

2000年代から使用例が見られますが、これは1990年代まで「背面にパッチを装着できない、独特なデザインのベストを使用していた」ことが背景にあります。

現在は対テロ活動の広報が活発化し、メディア露出が多くなりましたので…
誰もが「GIGNだ!」と分かるよう、同パッチの着用率が上がっているものと思われます。


とはいえ、『GENDARMERIE』等と共に販売されているお店もありますので、個人輸入が可能な場合は入手できるかと思います。
単純なデザイン故に、自作したりされても良いかもしれません。





5.四角形のパッチ
2015年以降から見られる、四角形のパッチです。


詳細は不明ですが、GIGNの文字が入った これまでにないデザインとなっております。

なおアフガニスタン派遣時には「STU GIGN」の文字が入ったパッチが使用されておりました。


こちらのパッチによる影響…かもしれませんね。





6.その他のパッチ
2015年以降からは、GIGNでも色々なパッチが装着されるようになりました。

中でもフランス国旗のパッチや血液型パッチが多く見られます。

中には、完全に隊員さんの好みであろうパッチも見られますね。

装備を忠実に再現するのも良いですが、好きなワッペンを装着しするのもサバイバルゲームの楽しみの一つといえるでしょう。





7.サバイバルゲームで使用するには
インシグニアパッチのいずれかを「左上腕部」に縫い付けることで、普通のBDUやアサルトスーツもGIGNっぽくなるのですが…
基本的な要素でありながら、長らく入手ルートが限られた状態でした。

今現在は、国内でも簡単に入手可能となっております。
現在、実物・レプリカの両方がbttc. さんから販売されております。

レプリカは実物を忠実に再現されており、GIGN好きな方には特にオススメの品だと思います。

旧デザインのパッチも、国内で入手可能となりました。
eBay等では、レプリカが頻繁に出品されておりましたが…最近は国内のヤフオク等でも見られるようになっております。

私がこれまで所持していたパッチは、全てeBay等で購入したものでした。

安価な代行屋さんも複数存在しておりますので、個人輸入に抵抗がある方は、そちらを利用されると良いでしょう。

もちろん「何も装着していない」という例も見られますので…
パッチがどうもネックだと思われる方は、何も無しでも大丈夫かと思います(^-^;)





以上、『パッチについて』でした。
ではでは!




同じカテゴリー(服装・パッチ等)の記事画像
服装について:実物と代用編
服装について:基本編
同じカテゴリー(服装・パッチ等)の記事
 服装について:実物と代用編 (2012-08-02 14:34)
 服装について:基本編 (2012-04-04 00:14)
この記事へのコメント
私もGIGN好きな一匹オオカミです。けど最近GIPNやFIPN等も好きではまってます。銃に関してもヨーロピアンが大好きで、SIG系ライフルやハンドガンが大好物です。そもそもGIGNやGIPNは選ばれし者が集まる部隊ですから、我々も選ばれし者として少数派ながらかっこよさを追求していきましょう。
Posted by フランスの警察系特殊部隊好きです。 at 2012年04月05日 23:21
コメントありがとう御座います。
GIGN好きな方がいて少し安心しました。
自分はまだまだ精鋭とは程遠いですが、そうなれたら良いなと思っております。
また是非とも来て下さい(^^)
Posted by LureLure at 2012年04月06日 13:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。